FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】ラグビーに詳しい人って日本では少ない気がするけど、盛り上がってまいりました。

こんばんは。

今日はジム行って簿記の勉強した以外にネタが無くて、疲れた身体を横たえてぼんやりしていたら、まぁ大変。

ラグビー好きの父が毎日のように見ている『ラグビーワールドカップ2019』で、日本代表チームが”奇跡”を起こしたそうじゃないですか。

全部で4試合行われる予選リーグの2試合目、大会が始まる時には世界ランキング1位だった(※現在は2位だが、詳しい経緯は省略)

今大会における優勝候補の一角・アイルランド代表チームとの試合で、『19-12』のスコアで勝利をおさめた…と報じていました。

世界ランキング9位の日本代表にとっては”格上”の相手で、試合前は『さすがに勝てないだろうな…』という声が大勢を占めていた中で

こんな”番狂わせ”を起こしてくれるなんて、選手や関係者の方々には賞賛の言葉しかありません。 もちろんアイルランド代表も強かった。


ラグビーをよくご存じの方には”基礎知識”かもしれませんが、ラグビーは「チームの実力差がそのまま勝敗になる」スポーツだと言われます。

その証拠に、毎年1月ごろに行われる”高校生のラグビー全国大会”では、トーナメントの上位に残る学校は毎年ほとんど固定されていて

高校野球(甲子園)や高校サッカーのように『無名の学校が強豪校を次々に破って上位に進出する』ということは、めったに起こりません。

そして、4年前のラグビーワールドカップで”歴代のワールドカップでわずか1勝”だった日本代表が、”優勝2回”の南アフリカ代表を相手に

『歴史的勝利(34-32)』を挙げた際には、「スポーツ界の歴史に残る、とんでもない快挙」と世界中に報じられたのも、そのためです。

今回の勝利を「奇跡とは呼ばせない、呼びたくない」というファンの気持ちもよく分かりますが、世界レベルで見れば充分に”奇跡”かと・・・。


それはともかく、今日のアイルランド戦に勝利したことで、チームにとって大きな目標となる「予選リーグ突破」が現実味を帯びてきました。

ラグビーワールドカップの予選リーグは、5チームが1試合ずつ総当たりの対戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出できます。

日本が入っている”グル―プA”では、アイルランドとスコットランドが強豪と呼ばれていて、予選勝ち抜けの有力候補となっていますが

開幕戦のロシア戦、そして今日のアイルランド戦と連勝したことで、日本がここに割って入る可能性も出てきたと言っていいと思います。

すでにアイルランドと対戦して敗れているスコットランドが、もう一つ星をとりこぼすことがあれば・・・ いやいや他力本願では相手に失礼か。

こうなれば日本代表が次に対戦するサモア代表との試合は、大いに応援して自力での決勝トーナメント進出を後押ししたいところです。


・・・と偉そうにぐちゃぐちゃ語っていますけど、ブログ主もラグビーの詳しいルールはほとんど知りません(トライとノックオンは覚えた程度)

ルールや戦術についての質問は、お近くのラグビーファンかグーグル先生までお願いします。 すみません。

では、今日はこれでー。 明日は午前中に用事で外出してきます(多分ブログには書きません)。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんにちは!
まこな。さん、こんにちは!

ラグビー界も、お詳しいのですね!今回のブログで書いて頂いた“基礎知識“で色々勉強させて貰いました。ラグビー界は「チームの実力の差がそのまま勝敗になる」ケースが多いのですね!?
今回のアイルランドへの勝利は大金星ということですね!アッパレ!ですね!

ルールは私もトライ・ノッコン・ノットリリースザボール?位しか分かりません。ペナルティの類が多いですよね(⌒-⌒; ) アドバンテージ?というので試合継続というのも良く分からなくて・・、でもラグビーは陣取りゲームだよと教えて貰ってから少しだけ観やすくなりました(^ν^)

日本はグループAで上位2チームに入って決勝リーグに進んで目標のベスト8に入って欲しいですね!

グループAの上位2チームは決勝リーグに進むと、ニュージーランドと南アフリカのいるグループBの決勝リーグ進出国との対戦になるのですよね(T . T) 流石4年に一度のワールドカップで強豪国揃いですが、一戦一戦日本チームらしくプレーできる事を願いたいですね。
2019/09/29(日) 14:38:56 | URL | byなおにょろ (#EB29KFfw) [ 編集]
Re: こんにちは!
なおにょろ さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

お仕事に関する諸々のこと、ブログで読ませて頂きました。 お疲れさまです・・・
直接的な協力や助言はできませんが、このブログを読みに来た時はリラックスしていってくださいね。


> ラグビー界も、お詳しいのですね!今回のブログで書いて頂いた“基礎知識“で色々勉強させて貰いました。ラグビー界は「チームの実力の差がそのまま勝敗になる」ケースが多いのですね!?
> 今回のアイルランドへの勝利は大金星ということですね!アッパレ!ですね!

いえいえ、詳しいと言ってもラグビー好きの父の隣でたまにテレビ観戦してるのと
新聞で試合結果をチェックする程度で、本当のファンから見たら大したことはないかと(汗)
ただラグビーに限らずスポーツの話題を調べるのは好きなので、変な間違いは書いていないはず・・・。

これまで全敗だったアイルランド代表からの勝利は、確かに「日本のラグビー史における快挙」と思いますが
選手やファンからは「これは”奇跡”ではない、実力でつかんだ勝利だ」というコメントが多く聞かれました。
前回のワールドカップで南アフリカ代表を破った(これは世界中で”奇跡”と賞賛された)時からはや4年。
2度目の”番狂わせ”は決して偶然や幸運だけではなく、選手やスタッフの努力が実を結んだのだと思います。
(もちろん全てが努力や根性だけで成し遂げられた訳でもないと思います・・・運も少なからず日本にあったのでしょう)


> ルールは私もトライ・ノッコン・ノットリリースザボール?位しか分かりません。ペナルティの類が多いですよね(⌒-⌒; ) アドバンテージ?というので試合継続というのも良く分からなくて・・、でもラグビーは陣取りゲームだよと教えて貰ってから少しだけ観やすくなりました(^ν^)

攻撃を受けているチームに反則があったときの「アドバンテージ」は、ラグビー独特のルールで分かりにくい部分ですよね。
「陣取りゲーム」というのは父もよく言っていて、いかにボールを相手のゴール方向へ押し込むか?の勝負だと教わりました。
あとは、両チームの点数の差が7点以内だと、接戦なのだそうです。 野球でいえば4点差?(満塁ホームランで追いつく点数)
今回のワールドカップで日本がさらに躍進すれば、国内でラグビーの試合を見たいと思う人が増えるかもしれませんね。


> 日本はグループAで上位2チームに入って決勝リーグに進んで目標のベスト8に入って欲しいですね!
> グループAの上位2チームは決勝リーグに進むと、ニュージーランドと南アフリカのいるグループBの決勝リーグ進出国との対戦になるのですよね(T . T) 流石4年に一度のワールドカップで強豪国揃いですが、一戦一戦日本チームらしくプレーできる事を願いたいですね。

そうですね、もし日本が勝ち上がればその2か国のどちらかと準々決勝で対戦するはずです。
ニュージーランドは今日現在で世界ランク1位ですし、南アフリカも大会直前の試合で日本が大敗した相手です。
実力の差は大きいですが、昨日のアイルランド戦の事もあるので”絶対に無理”ということはないはず。
もちろん予選リーグも大事・・・サモアもスコットランドも強いですが、地元の応援をチカラにして勝ってほしいですね!
2019/09/29(日) 18:04:08 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)