FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 第6話『実は信長さんとも親戚だった!? 謎の多すぎる天下人』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。最も遊んだ戦国ゲームは「戦国夢幻」。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   後輩芸人に「茶碗」をプレゼントするのがマイブーム。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png


ま「戦国下剋上ランキングも後半戦、続いて第4位の発表です。」


デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャン!


第4位 豊臣秀吉(とよとみひでよし)

 立身出世度:☆☆☆☆☆  農民から天下をとった日本唯一の男

 下剋上度 :☆☆☆☆☆  出し抜き追い越した相手は数知れず

 権謀術数度:☆☆☆・・  鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス

 危険人物度:☆☆・・・  『人たらし』のイメージは減点対象に

 人気知名度:☆☆☆☆☆  陽気な太閤様の人気は今も衰えず

 繁栄存続度:☆☆☆・・  豊臣氏の天下は『夢のまた夢』



ま「第4位は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)。

  総合点数は23点でした。」


のぶさま2019


長「猿は4位か。」

ま「はい。」

長「天下を取ったというのも初耳だが、奴がどんな素性を持っていたのか、今もよく分かっておらぬようじゃのう。

  我が織田家では実力主義で人材を登用したゆえ、さほど気にはしておらなんだがな。」


ま「確かに、秀吉が織田家に仕える頃までを伝える史料は、全くといっていいほど残っておらず

  現代人がよく知っている秀吉の前半生は、ほとんどが後世の作家や言い伝えによる”創作”とされています。」


長「若い頃は今川配下の下級武士に仕えたとか、商人の真似事をしていたとか、

  川べりで寝ていて野盗の頭領と知り合ったという噂も聞いたことはあるが・・・。

  実際に見た者がおった訳でもなく、今となっては裏がとれぬ話ばかりじゃ。」



ま「とりあえず、ここでは広く知られている“通説”に沿って話を進めることにします。

  豊臣秀吉、最初の名を”木下藤吉郎”と言った彼は、尾張の百姓(ひゃくしょう)の家に生まれました。」


ま「地元・尾張の織田家に仕官した藤吉郎は、持ち前の機転の良さと人懐こさで

  信長さんのお気に入りとなり、とんとん拍子に出世していきます。」


長「ある寒い冬の朝、懐で草履(ぞうり)を温めていた…なんて事もあったのう。」

ま「そうおっしゃると思って、今日はスタジオに『温めた草履』をご用意してみました。」

長「どこぞの料理番組のような演出じゃな…。 しかし、なかなか良い温(ぬく)さじゃ。」

ま「それは良かったです。(セット裏の『草履温め機』が信長さんに見つかりませんように…)」

長「何か言ったか?」

ま「…いえ、何も。」


ま「さて、生まれた身分は低くても、知恵と工夫で問題を解決するのが秀吉の強みでした。

  美濃の斎藤氏との戦で、最前線の墨俣(すのまた)に短期間で城を築いたかと思えば

  越前からの撤退戦では、危険な最後尾の守りを任されやり遂げる活躍を見せます。」


長「他の誰もが『できない』と言う課題に対し、『どうしたらできるか』を考えて実行する。

  『鳴かせてみせようホトトギス』と例えられるそうじゃが、よく言い得ておるな。」


ま「そして、秀吉にとって人生の転機となったのが1573年。

  近江(滋賀県)の浅井家討滅に貢献し、褒美としてその領地の一部を与えられた秀吉は

  信長さんに敬意を表して「長浜」と名付け、念願の“城持ち大名”となったのでした。」



ま「また、織田家に仕官した頃からの上司であり家中の重臣でもあった

  柴田勝家(しばた・かついえ)と丹羽長秀(にわ・ながひで)にあやかろうと

  苗字を木下から羽柴(はしば)と改めたのも、この頃だったそうです。」


長「諱(いみな、下の名前)が変わることはたまにあるが、苗字まで変えた者は他に知らぬ。

  武士は自分の苗字や一族の系譜を大事にするものだが、奴はそのあたりの感覚が違うのかもしれぬな。」


ま「手柄を立てるのも上手だけど、周りの人を立てるのも上手だった…ということですね。(ドヤァ)」

長「大してうまくないぞ。 いちいちドヤ顔をするでない。」


ま「…織田家の中国地方担当司令官にまで出世した秀吉でしたが、毛利氏攻めを進めていた最中に本能寺の変が勃発。

  秀吉は“常識では考えられない速さ”で対応し、信長さんに対して謀反を起こした明智光秀を討ちます。

  その後は信長さんの息子や他の重臣たちを差し置いて信長さんの”後継者”となり、最終的に全国統一を果たしました。」


長「で、あるか。」

ま「日本の歴史の中で、農民の出身から天下をとった人物は秀吉ただ一人と言っても差し支えないと思います。

  そういう意味では1位にふさわしいのかもしれませんが…」


ま「今回のランキングでは『危険人物度』が採点基準にあって、そこで点数を伸ばせず4位という結果になりました。

  『太閤(たいこう)様』や『人たらし』という明るいイメージが、ここでは裏目に出てしまった格好ですね。」



長「そういえば、猿には跡目を継ぐ男児がおらぬはずじゃったが…」

ま「日本全国を統一した後、秀頼(ひでより)という息子が生まれています。

  母親は茶々(ちゃちゃ、淀君とも)といい、浅井長政(あざい・ながまさ)と信長さんの妹であるお市(いち)さんの娘です。」


長「おね(秀吉の正室。ねね、北政所とも)との間には子が生まれなんだか。

  根っからの女好きだった猿には、出来過ぎた女房であったがのう。

  余の息子である秀勝(※幼名は『次』)を養子にやったことも覚えてはおるが…。

  ということは、余は猿の『養子の実父』にして『妻の母の兄』…???

  えぇい、ややこしい。とにかく何かしらの親類ということじゃな。」


ま「とても強引なまとめ方ですけど、そういうことになりますね。」


長「して、余の野望を引き継いだ猿の天下はどうなったのじゃ?」

ま「秀吉の死後、関ヶ原の合戦に勝利した徳川家康は、江戸幕府を開いて政治の実権を掌握。

  全国の大名に号令をかけ、秀頼と茶々が住む豊臣家の本拠・大坂城に侵攻します。」


ま「豊臣軍は関ヶ原で敗れた旧大名家の浪人(牢人)らを主力に奮戦しましたが、

  最後は数に勝る徳川軍が勝利。秀頼と茶々は自害し、豊臣家は滅亡しました。」


長「ふむ…最後は猿がタヌキに食われたか。」

ま「…これ以上のコメントは差し控えます。」


長「さて、これでいよいよあと3人か。」

ま「そうですね。 このまま一気にトップスリー…といきたい所ですが

  ここで、ランキング企画にありがちな『アレ』を入れたいと思います。」


長「む、『アレ』とな?」

ま「はい、『アレ』です。」


『アレ』って一体なんなのさ? 次回更新で明らかに! お見逃しなく・・・

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
まいど~
CMでーす!

(ヒソヒソ声で)
前日は「草履温め機」をご購入いただきまして
ありがとうございましたぁ~

「風邪もだいぶ治りましたんで
声もそうはお聞き苦しくないかと思いますんで
ひとつよろしくお願い致します」

「信長公の妹君、お市の方様は
秀頼公のおばあちゃまということで
盛り上がっておりましたね」

「信長公の血は
浅井三姉妹のお江様から
現代まで脈々とつながっています」

「時の流れを感じますね。
時間といえば、そう!これです
じゃじゃん!前置きが長くなりましたが、時計です!」

「細かい説明は省きますが
軍議の時間に遅れないように
おひとついかがでしょうか?」

「メンテナンスが面倒くさそうですな・・」

「そんなあなたにはこちら!砂時計もご用意いたしました」

「お好きな方、両方でも結構でーす」

「ご注文、お待ちしておりまーす!」


2019/10/04(金) 01:57:14 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]
丁度・・・
まこな。さん

こんばんは。今頃、東京でしょうか・・・ 歴史好きのまこな。さんが東京に行くとなると色々見て周りたいところが多いのではないでしょうか。社員旅行なので皆との団体行動&観光がメインになるとは思いますが満喫してくださいね。(私の予想では、浅草や東京スカイツリーなんかに行くのかな。個人的には泉岳寺にある赤穂浪士の墓と鶯谷にある子規庵、正岡子規も食べたという日暮里駅と西日暮里駅で売られている羽二重餅はオススメです。)

傍にそれましたが、昨日偶々三谷幸喜監督の映画「清洲会議」を観てましてリアルタイムでした。映画内では多少脚色もあるでしょうが、豊臣秀吉の天下人への執念みたいなものはキットありましたよね。柴田勝家を出し抜いての立身など策士だったのではないでしょうか。豊臣家は秀吉の死後衰退してしまいましたが、もしネネとの間に早くに子があったなら、成人前後のその子に家督を早くに継いでいたならと思うとまた違った歴史になったのかなとも思ってしまいます。しかし一代で農民の出(であろう)〜天下人にまで登り詰めた武将は彼のみでしょうし文句無しのTOP5入りですね。
にょろ「あー、来週の木曜日が楽しみだぁ。」

オラ信「で、あるか。」
2019/10/04(金) 18:24:35 | URL | byなおにょろ (#EB29KFfw) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)