FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 番外編『ランキング外の乱 ~まだまだいるぞ、下剋上の勇者たち~ 』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。東京へ行きました(21年ぶり2回目)
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   仕事で京都に行く時は、スケジュール帳に「上洛」と書く。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――


makonaga png

ま「さて、長らくお送りしております戦国下剋上ランキングも、トップ3を残すのみとなりましたが・・・

  ここで『番外編』として、今回惜しくもトップ10に入ることができなかった“下剋上の猛者(もさ)たち”をご紹介します。」



のぶさま2019

長「やたらと引っ張った『アレ』とは、そういう事であったか。

  確かに、ベスト3発表の前にはよくありがちな気がするのう。 ただ、尺(放送時間)は大丈夫かの?」


ま「これまでご紹介した武将以外にも、魅力的でありながら戦国ファンや地元の人以外にはほとんど知られず

  歴史の片隅に埋もれてしまっている武将はたくさんいますので、この機会に多くの方々に知ってもらいたいのです。」


長「その意気やよし。 歴史に興味を持つ者が増えるなら、喜んで付き合うとしようか。」

ま「ありがとうございます。 地方も時代も順不同ですが、7名ほど紹介させていただきます。」


・津軽為信(つがる・ためのぶ)

 陸奥北部(むつ、現在の青森県)の戦国武将。

 はじめ南部(なんぶ)氏に仕えたが、その一族の城主を倒して城を奪い取り、大名として独立。

 信長や秀吉にも外交を通じて接近し、江戸時代には弘前藩(津軽藩)の初代藩主となった。

 この経緯のため、現代でも旧津軽領と旧南部領で対立が残っているとかいないとか。



・浅井亮政(あざい・すけまさ)

 近江(おうみ、現在の滋賀県)の戦国武将。

 守護の京極(きょうごく)氏に仕えたが、国内の混乱に乗じて大名として独立。

 子の久政(ひさまさ)は同じ近江の六角(ろっかく)氏に押さえ込まれ窮地に陥るが

 孫の長政(ながまさ)が織田家と組んで勢力を盛り返し、信長の妹・市(いち)を妻に迎えた。



・陶晴賢(すえ・はるかた)

 周防(すおう、現在の山口県)の戦国武将。 「陶隆房(たかふさ)」も同一人物。

 中国・九州地方に勢力を誇った名門大名・大内(おおうち)氏の重臣だったが

 文化に傾倒する当主の大内義隆(よしたか)に謀反を起こし、権力を奪い取った。

 しかし4年後、厳島(いつくしま)の戦いで毛利元就に敗れ、自害した。



・龍造寺隆信(りゅうぞうじ・たかのぶ)

 肥前(ひぜん、現在の佐賀県・長崎県)の戦国武将。

 龍造寺氏は小勢力だったが、隆信が守護の少弐(しょうに)氏を滅ぼし、肥前の支配権を奪う。

 その後は大友(おおとも)家や島津(しまづ)家の軍勢とたびたび戦い、九州の覇権を争った。

 その勇猛ぶりから『肥前の熊』と恐れられたが、島津軍との“決戦”に敗れ討ち死に。



・真田昌幸(さなだ・まさゆき)

 信濃(しなの、現在の長野県)の戦国武将。

 真田氏は信濃の小領主に過ぎなかったが、信濃に進出した甲斐武田氏の勢力拡大に貢献。

 武田氏の滅亡後、昌幸は信濃の支配を狙う北条・徳川両家を相手に知略を駆使して渡り合い

 次男の真田信繁(幸村)とともに、戦国史にその名を残すこととなった。



・尼子経久(あまご・つねひさ)

 出雲(いずも、現在の島根県)の戦国大名。

 出雲守護の京極氏(近江の守護と同じ一族)に仕える守護代だったが、謀反の疑いで追放される。

 しかしその後こっそり同志を集め、奇策を用いて京極氏の居城を奪い取ってしまった。

 大名となった後は積極的に領土を拡大し、大内氏と中国地方をほぼ二分する勢力を誇った。

 毛利元就よりもさらに時代が古い人物のため、地元以外での知名度が非常に低いのが弱点。



・藤堂高虎(とうどう・たかとら)

 下剋上とは少し違うものの、戦国の荒波を乗り越えて見事な出世を果たしたのでここで紹介。

 はじめ近江の浅井氏に仕えたが、その滅亡後は数多くの大名のもとを転々とする。

 関ヶ原の戦いに際して徳川家康に接近し、最終的には32万石の大領主へと成り上がった。

 晩年「主を7度変えなければ、真の武士とはいえない」との名言(?)を残した・・・らしい。



ま「…と、以上が今回のベストテンにあと一歩届かなかった武将たちです。」

長「ここで余が言うのもどうかとは思うが、正直なところ初めて聞く名前が多いのう。」

ま「そんな話の流れの途中で恐縮なのですが、信長さんが気になった武将はいましたか?」


???「…まさゆき、真田昌幸、真田、さなだ…」


長「…どこからか、選挙カーのような声が聞こえなんだか?」

ま「…奇遇ですね、私にも聞こえました。 この番組に“天の声”はいないはずなんですが。」

長「空耳にしてはよく聞こえたような… これを無視して番組が終わった後、視聴者から苦情が来ても余は知らぬぞ。」

ま「分かりました。 熱いリクエスト(?)にお応えして、ここでは真田昌幸をピックアップします。」


ま「先の紹介文の通り、真田昌幸は信濃国(しなの、現在の長野県)に生まれた戦国武将です。

  戦国時代の真田氏は、隣国の甲斐(かい、現在の山梨県)から信濃へ進出した武田信玄に仕え

  昌幸の父である真田幸隆(幸綱とも、幸村の祖父)をはじめ、有能な人物を多く輩出しました。」


長「余が武田の軍勢と直接戦ったのは、“長篠の戦い”が唯一のようなもの(※)であるが

  長篠の主力部隊の中にも、その真田某(なにがし)の一族が何人かおったようであるな。」


(※)武田家を滅亡させた甲斐への侵攻で総大将を務めたのは、信長の長男・信忠であった。


ま「幸隆の三男だった昌幸は、長篠の戦い当時は“武藤喜兵衛”と名乗っていたそうです。

  兄が2人いた昌幸が真田家の跡継ぎになる可能性は低く、養子に出されていたのですね。

  しかし、その長篠の戦いで兄が2人とも戦死したため、真田家を継ぐことになりました。」


長「もし長篠で兄のうち1人でも生き延びていれば、歴史は違っていたのかもしれぬな。」


ま「長篠の戦いから7年後、織田家の軍勢は信濃から甲斐へと侵攻し、武田氏を滅ぼします。

  甲斐から離れた自分の領地にいた昌幸は難を逃れましたが、主君を失ってしまいました。

  しかしながら、ここからが真田昌幸の真骨頂。 真田の名を全国に轟かせるかのように

  鮮やかな知略と軍略を見せつけるのですが… 残念ながらこのコーナーはここで時間切れです。


長「是非も無し。 スタッフがカメラの奥で大きく手を回しておるわい。」

ま「この続きは、以前ブログで書いた【大河ドラマ『真田丸』】のレビュー(⇒サンプル)を読んで頂いて…。

  諸事情により未完結ですが、昌幸が亡くなる回まではあります。」


長「ちゃっかりブログの宣伝もしおってからに。 まぁ良い、先に進むぞ。」

ま「以上、ランキング圏外の紹介でした。 この後、第3位の発表です!」


【次回更新に続く。 台風情報にキヲツケテネ!】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
お茶うけに!
CMでーす!

「今回は、BEST3発表前の箸休め的な回でしたね」

「出ましたね、昌幸パパ」

「そこ、やっぱツッコミますか」

「草刈さん最高でしたもんね」

「真田丸の話ですね」

「信州上田にGO!」

「今回のCMは上田市の提供ですか?」

「CMの前のCMです」

「なんじゃそりゃ」

「箸休め的な・・ということで、今回はスィーツのご紹介です」

「待ってました!」

「今回紹介するスィーツはこちら!」

「ジャジャン!かすてら、にございます」

「栄養価の高い卵をふんだんに使った、フワッとして、そしてザラメがまことに美味でございますよ!」

「どうです?信長公、食べたくなったでしょ?」

「今回もフロイス便でお送りいたします。
ご注文、お待ちしておりまーす!」
2019/10/10(木) 20:20:15 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)