FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 第7話『これより三役…もといベスト3。 すごいよ!!マムシさん(とその親父)』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。 両国国技館を生で見た(中には入れず)。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   名古屋場所の客席で目撃情報があるとか、ないとか。


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png


ま「さて、戦国武将下剋上ランキングもトップ3を残すのみとなりました。 第3位の発表です!」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャジャン!!


第3位 斎藤道三(さいとうどうさん)

 立身出世度:☆☆☆☆☆  若い頃は僧侶で油売りもしていた

 下剋上度 :☆☆☆☆・  親子二代で?一国の主にのし上がる

 権謀術数度:☆☆☆☆・  美濃の実力者たちを手玉にとった

 危険人物度:☆☆☆☆・  「マムシ」の毒には武将も震えあがる

 人気知名度:☆☆☆☆・  次回大河ドラマのキーパーソンか?

 繁栄存続度:☆☆☆・・  美濃に君臨するも孫は信長に屈した



ま「第3位は、斎藤道三(さいとうどうさん)。

  総合点数は24点でした。」



のぶさま2019

長「道三殿は、余の正妻である帰蝶(詳しくは第3話を)の父親じゃ。

  そもそも斎藤家は、室町時代から続く大名家ではなかったそうじゃな。」


ま「そのあたりの経緯を、よく知られている通説に沿って説明させて頂こうと思います。」

長「うむ。」


ま「それでは、最初に道三の生い立ちについて。

  道三の若い頃の名前は『松波庄五郎』といい、京都の武士の家に生まれたらしいのですが

  寺に入れられ僧侶としての修業を積んだのち、還俗(※)して商人に弟子入りしました。」


  ※『げんぞく』…僧侶だった者が寺を出て、一般人に戻ること

長「武士の家に生まれ、坊主から商人となる。二足ならぬ”三足のわらじ”を履いておったのか。」

ま「油を売りながら諸国を渡り歩いていた庄五郎に、転機が訪れます。

  ある時立ち寄った美濃(みの、現在の岐阜県中南部)のある有力武士から

  美濃の守護大名・土岐(とき)氏への仕官を持ちかけられたのです。」


ま「庄五郎が仕官した土岐家では、守護の座を巡って兄と弟が争っている真っ最中でした。

  庄五郎は弟の土岐頼芸(よりあき)の側に肩入れし、ライバルの兄を失脚させる手助けをして頼芸に気に入られます。」


長「若い頃の義父殿は、意外に甲斐甲斐しい所もあったのだな。」


ま「しかし、彼の野望はここから始まります。

  まず、自分に仕官を持ちかけてくれた恩人の武士に難癖をつけて殺害し、

  あろうことかその名前を引き継いで『長井規秀(ながいのりひで)』と改名。」


ま「さらに、長井氏の“上司“にあたる美濃守護代の斎藤利良が病死すると

  その名跡を継いで『斎藤利政(さいとうとしまさ)』と名乗ります。

  そして、仕上げとばかりに守護に押し上げた頼芸その人をも城から追放してしまいました。

  こうして“流れ者の下っ端武士“が、ついに美濃一国を手中に収めてしまったのです。」


長「いやはや、惚れ惚れするような下剋上じゃな。

  余の義父という事を差し引いても、やはりベスト3ともなると“格”が違うわい。」


ま「当時の武将からも『美濃の蝮(マムシ)』と恐れられたというのが、分かる気がしますね。

  ただ、この道三のランクインには、2点ほど“審議”がかかっていまして…」


長「何かな?」


ま「まず一つは、先ほどご紹介した『通説』に基づく道三の“一代記”ですが

  実は“父親との二代がかり”の業績であった、とするのが現在では『定説』になっています。」


長「で、あるか。」

ま「…あまり驚かないんですね。」

長「テレビ的には、派手に驚いた方が良かったかのう?」

ま「いえ、今更いらないです。」


長「是非も無し。 では、どのあたりまでが父親の為した事なのじゃ?」

ま「最近の研究によれば、恩人を殺害して『長井』の姓を名乗る頃と前後して

  道三の父親とされる「長井新左衛門尉」と道三がバトンタッチした、と見られています。

  ただ、道三の父親がいつ亡くなったかの記録は無く、正確な時期は分かりません。」


長「まぁ、仮に親子二代での所業であったとしても、

  縁もゆかりもない土地で成り上がり、戦国大名となった事実に変わりはない。

  その通説が覆されたからといって、義父殿の名に傷がつくとは思えぬがのう。」


ま「それからもう一つ。

  道三の跡取り息子で、後に斎藤家を継いだ斎藤義龍(よしたつ)の実の父親は

  道三ではなく彼に追い出された土岐頼芸だったのではないか、とする説があります。」





ひょえー1986「にょえーーー!!??」



ま「うわ、びっくりした!! …って、いまの信長さん!?」

長「…違う。」

ま「…よく分かりませんが、こちらの意図しない映像と音声が流れたことをお詫びします。」

長「先ほどの“選挙カー”といい、このスタジオには何か変なモノが憑いておりはせぬか?

  そういえば、先ほどCM中にスタッフがスタジオの出口に盛り塩を…」


ま「あの、無理やりこの特番を”心霊番組”っぽくしようとしないでください。

  私自身、そういうのは苦手なんですから。」



長「冗談じゃ。 それはそうと、何故そのような噂が流れておったのかな?」

ま「義龍の母親となった女性は、もとは土岐頼芸の“お気に入り”で、

  後に頼芸の信頼を受けた道三に嫁がされた…という経緯があります。

  義龍の本当の父親がどちらなのかは、今に至っても解明されていないのです。」


長「現代であれば、“でーえぬえー鑑定”とやらで白黒はっきりするだろうがな。」

ま「…しれっと時代考証を無視した発言を挟むのはやめましょう。

  この疑惑も絡んでいたかどうかは分かりませんが、道三に嫌われていたという義龍は

  父に対して謀反を起こし、これに敗れた道三は自害に追い込まれてしまいました。」


長「実は余の所にも、義父殿から救援を求める書状が届いておったのじゃ。

  しかし義父殿に味方する兵がほとんどおらず、間に合わなかったのが悔やまれるな。」



ま「道三に替わって美濃の国主となった義龍は、信長さんとも戦って美濃を守りますが若くして病死。

  その息子の龍興(たつおき)が斎藤家を継いで間もなく、信長さんがこれを破って美濃を手に入れたんですね。」


長「左様。 義父殿は、正徳寺で会見した後に『息子は信長殿に屈することになるだろう』と呟いたり

  自害する直前にも『美濃は信長殿に譲りたい』と言い遺したりしておったと聞くが

  結局のところ自らの武力で奪うことになったのは、”歴史の皮肉”というべきかのう。」



ま「ともあれ、非常に”ダイナミック”な道三の生涯でした。」

長「で、あるな。」

ま「CMのあとは、第2位の発表です。」

【今宵はここまでにいたしとうございまする。】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
実用的?
CMでーす

今回ご紹介する商品はこちら!

何ですかこの筒は?

ちょっと覗いてみてください

あっ、お日様は直接見てはいけません

ほーら、遠くの景色が見えるでしょう?

これは「望遠鏡」といいます

信長公も、安土城の天守から

城下をのぞかれてみてはいかがでしょう?

御注文、お待ちしておりまーす!
2019/10/17(木) 22:19:58 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)