FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 第8話『アイツは”稀代のワル”でした!? 魔王も認めたニクイ奴』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物(一人二役)】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。
おっす!おら信長(文中「長」):ゲスト解説者という設定の、信長のまねっこ。
                   


【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      斎藤道三

 2位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「戦国武将下剋上ランキングも、いよいよ大詰め。第2位の発表です。」



デケデケデケデケ(ドラムロール)… ジャジャン!!



第2位 松永久秀(まつながひさひで)

 立身出世度:☆☆☆☆・  素性の分からぬ三好一族の側近

 下剋上度 :☆☆☆☆・  将軍や大仏にも情け容赦なし

 権謀術数度:☆☆☆☆☆  悪巧みの知能指数は天下逸品

 危険人物度:☆☆☆☆☆★ 信長公認、掟破りの満点超え!

 人気知名度:☆☆☆☆・  怪しい魅力のダークヒーロー

 繁栄存続度:☆☆・・・  名物の茶器ごと爆死?して滅亡




ま「第2位は、松永久秀(まつながひさひで)。

  総合点数は25点でした。」


のぶさま2019

長「久秀が2位とな。 間違いなく1位だと思っておったがのう。」

ま「そうですか。」

長「うむ、こやつの所業には余も驚かされたでな。

  なにしろ、並の人間にはできぬ事を3つもやってのけおった。」


ま「では、せっかくですのでその“3つの悪事”の解説は信長さんから。」


長「まず一つ目は、自らが仕えた主家の三好家を事実上“崩壊”させたこと。」

ま「松永久秀は、信長さん以前に京の周辺を支配した、三好長慶の家臣だったんですよね。」

長「左様。

  どのような素性なのかはよく分かっておらぬが、長慶にはずいぶんと重用されたらしい。

  しかし、ある時期から長慶の親類縁者が相次いで謎の死を遂げる。

  これらは久秀が裏で手を回しておった、とする噂が絶えなかったのじゃ。」


ま「主なところでは、長慶の弟の安宅冬康(あたぎふゆやす)と十河一存(そごうかずなが)、

  それに長慶の跡継ぎ息子だった三好義興(みよしよしおき)などですね。」



長「親族を次々に失い精神を病んでしまった長慶は、ほどなくして病死する。

  そして三好家は久秀の一派と、同じく重臣であった“三好三人衆”の勢力とに分裂してしまった。

  これと前後して、久秀は大和(やまと、現在の奈良県)の地に自らの城を築き

  三人衆の勢力に対抗して畿内における影響力を確保するべく、余に接近してきたのじゃ。」


ま「それにしても、主君の親類すら平気で亡き者にするような危険人物を、なぜ信長さんは受け入れたんですか?」

長「実は、こやつは余と趣味が合うというのか、茶道の名品を数多く所有しておってな。

  そのうちの一つを余に譲り渡すことを条件に、協力を求めてきおったのじゃ。

  相手の利益や好物で釣って要求を通すのは交渉の初歩じゃが、確かにうまいやり方よの。」



ま「何と言うか、抜け目がないですね。で、二つ目は?」

長「室町幕府の現役将軍・足利義輝(あしかがよしてる)の宿舎を襲い、殺害した。」

ま「応仁・文明の乱以降、幕府の将軍を京から追放した武将は何人かいましたが…。

  命まで奪うのは“やりすぎ”というか、いかにも久秀という感じですね。」


長「まぁ、これには三好の跡継ぎ(義継)や例の三人衆も絡んでおったようじゃがの。

  ただ、この義輝は相当な剣の使い手であったそうで、敵に囲まれてからの抵抗はすさまじいものだったと伝わっておるぞ。」


ま「一説には、将軍家に伝わる名刀をとっかえひっかえしながら、襲いかかる敵を次々に斬って捨てたとか…。」

長「互いに実際の光景を見たわけではないから、責任は持てぬがの。

  しかし最後は力尽き、京は完全に三好一族の手に落ちたのじゃ。」



ま「そして、三つ目ですが…。」

長「おぬし、東大寺(現在の奈良県奈良市)の大仏は知っておるか?」

ま「えぇ、修学旅行で見たことがあります。」

長「その大仏、実は余の時代に一度焼き払われておる。


ま「確か、江戸時代に寄付を募って再建されたんですよね。」

長「何じゃ、知っておったのか。」

ま「ずいぶん前になりますけど、“ヒス○リア”で見た覚えがあって…。」

長「だから、特定の放送局に媚びを売るのもほどほどにせい。

  ともあれ…その大仏が焼失した際にも、久秀がその場におった可能性が高いのじゃ。」


ま「三好三人衆との戦いの最中の出来事だったと聞いています。」

長「うむ。どちらかの陣営が意図的に火を放ったのか、

  あるいは何かの拍子に飛び火したのかもしれぬが、罰当たりなことよ。」



ま「で、久秀はこの後も信長さんを頼ったり寝返ったり降伏したり裏切ったりを繰り返し、

  最後は居城の大和・信貴山(しぎさん)城に追い詰められて、自害したんですよね。」


長「久秀には、茶道の名品『平蜘蛛釜(ひらぐもがま)』を譲れば命は助ける…と

  使者を通して伝えてあったのだが、あろうことか奴はその茶釜に火薬を詰めて爆発させ

  文字通り城ごと“吹き飛んで”しまったのじゃ。あれには驚いたのう。」


ま「(小声で)…ここまでお互いに見てきたような事を言ってますが、台本のセリフです。

  久秀が働いた悪事の虚実や、その最期には諸説あります。 ご了承ください。」


長「何をこそこそしておる?」

ま「いえ、別に。」


長「ともかく、人間の短い一生のうちで奴ほどの所業を働いた存在というのも珍しい。

  それをも上回る戦国武将がおるとは驚きじゃ。 第1位はいったい何者ぞ?」


ま「…という所で、大変残念なのですが信長さんは別の仕事があるため、出演はここまでとなります。
  (いろいろあって時間も押しちゃったし…)」


長「是非もなし。 だが有意義な時間であった。 いずれまた語らおうぞ。」

ま「ありがとうございます。」

長「あと、こんな事もあろうかと余の”芸人仲間”を呼んであるゆえ、よろしく頼むぞ。」

「え!? いやそんなの聞いてないですけど、誰なんですかそれ

長「蘭丸、馬を引けぃ!」

(のっしのっし、と退場)


ま「(えぇ…) き、気を取り直してこの後は第1位の発表です! チャンネルはそのまま!」

誰ですかアナタは

(じーーーーーーっ…)


ま (なんかさっきからすごい視線を感じるけど、あの人じゃないよね…??)


【次回、感動(?)の最終回! 謎の芸人(??)の正体は?】

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
CMは最終回です
CMでーす

ついにここのCMも最後ですね
(次回1位の発表だし)

今回は、最終回らしい商品をご紹介したいと思います

それは・・ジャジャン!!

「キリスト教」です

まぁ一言で何か?とはうまくご説明ができないのですが、一度どんなものか、私どもの話を聞いていただけたらと思います!

教義はもちろんですが
私どもの国の文化もご紹介しますよ~

ということで
今回は御注文いただかなくとも

私たちが信長様のもとへお伺いいたしまーす!

フロイスでした!
2019/10/24(木) 21:40:14 | URL | byリト (#m2mWYtU6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)