FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】あなたは白黒はっきりさせてもいいし、しなくてもいい。 そんな10月最後の土曜日。

こんばんは。

夕飯中の居間のテレビで、ラグビーワールドカップ日本大会の準決勝第1試合”ニュージーランド対イングランド”を見ておりました。

ファンの方にはお馴染み「オールブラックス」の愛称通り、黒のユニフォームに身を包んだ世界ランク1位・ニュージーランド代表に対し

”ラグビー発祥の地”としての誇りを胸に挑む、純白のユニフォームが芝生に映えるイングランド代表。 この対戦が日本で見られるなんて。

白熱する試合の結果も気になりますが、ブログも書いておかなくちゃねーということで自室に戻り、ツイッターを見ながらこれを書いてます。


ラグビーひいてはスポーツに限った話ではなく、「白と黒」はいろいろな場面で『”対極”といえるような”2つのモノ”』の対比に使われます。

『敵か味方か(囲碁やオセロ)』 『勝つか負けるか』 『善か悪か』 『有罪か無罪か』・・・ なんとなく白の方がイメージよさげですけど。

でも黒だって強そうで良いですよね、戦国武将も黒や赤で統一した鎧兜をつけていると戦場で目立つし、威圧感もあるから人気だったとか。

ドラマとか時代劇でも「白黒はっきりしようじゃねーか!」という役どころはおいしいです。 弁護士やお奉行様が優柔不断だとちょっとね・・・


え、ブログ主ですか?  そりゃもう「優柔不断と八方美人がTシャツを着て歩いている」ような感じでしてね・・・

このブログの中で、ただの一度でも「日本は○○すべき!」とか「△△以外ありえない!」みたいな強い主張をしたことがありましたっけ??

ある一方の意見に偏ると、もう一方の立場から批判を受けるのは世の常。 このブログを、そういうものがぶつかり合う場にはしたくなくて…

ツイッターでたまに流れてくる、他人同士が行う「人格すら否定するような表現の”議論(という名の誹謗中傷合戦)”」も、直視できませぬ。

なのでね、私は(このブログにおいては)白とも黒とも明言せぬ、”グレー”な存在の管理人でありたいとすら思っているのです。 わがまま?


・・・今日の雑感は、特にまとめはありません。 ”グレー”なままで終わるのもまた良しってことで。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)