FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【再放送2019】 最終話『下剋上とは何だったのか?』

【はじめに】

この記事は、2015年の年末から2016年の年始にかけて連載した企画の再放送です。

内容は一部加筆修正を行っておりますが、あまり細かい事は気にせずお楽しみください。



そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~ Presents

  『これぞ戦国オールスター!

   怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』


【登場人物】
まこな。(文中「ま」):番組MC風でお送りしています。

誰ですかアナタは 「・・・(無言でこちらを見ている)」

【お時間のない方も、こちらのボタンで応援を】
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村


【ここまでのランキング】

10位(同率)  三好長慶 ・ 明智光秀

 9位      織田信秀

 7位(同率)  毛利元就・徳川家康

 5位(同率)  長尾為景・宇喜多直家

 4位      豊臣秀吉

(ランキング圏外の紹介⇒番外編

 3位      斎藤道三

 2位      松永久秀

 1位      ????


――――――
【下剋上列伝ランキング 採点基準】(各5点満点)

・立身出世度:その武将の最初の身分と最終的な身分との開きの大きさ
      (最初の身分が低い、または不明だと高得点)

・下剋上度 :倒したり追い抜いたりした相手の身分の高さ
      (相手の身分が高いほど高得点)

・権謀術数度:相手を倒した手段の巧さ、派手さ、ずる賢さ
      (計略や謀略を使って相手を倒した人ほど高得点)

・危険人物度:当時や後世の人から抱かれた評判やイメージの悪さ
      (悪い印象が強いほど高得点)

・人気知名度:その人物がどれだけ知られ、人気があるか
      (ドラマやゲーム等で後世の人気が高いほど高得点)

・繁栄存続度:その武将の大名家や子孫が繁栄したかどうか
      (子孫が大名として長く続いたほど高得点)
――――――



(CMが終わったつもり)

makonaga png

ま「・・・さて! 長らくお付き合い頂きました下剋上列伝ランキングも、ついにクライマックスです。」

  栄えある第1位、ブログ主が独断と偏見で選んだ『キングオブ下剋上』に輝いたのは!?」



デケデケデケデケ(ドラムロール)………  ジャンジャカジャーン!!


第1位 北条早雲(ほうじょうそううん)

 立身出世度:☆☆☆☆☆  昔は「どこの馬の骨だか~」

 下剋上度 :☆☆☆☆・  幕府の官僚から関東の群雄へ

 権謀術数度:☆☆☆☆・  謀略の逸話には事欠かない

 危険人物度:☆☆☆☆・  『下剋上の元祖』は悪名なのか

 人気知名度:☆☆☆☆・  立志伝に憧れた方も多いはず

 繁栄存続度:☆☆☆☆☆  北条氏は5代100年続いた



ま「下剋上列伝ランキング第1位は、北条早雲(ほうじょうそううん)。

  総合得点は、26点となりました。」


(ADからカンペが出る)

ま「えーと・・・『ここで、急きょ出演が決まった”スペシャルゲスト”をお呼びしましょう』・・・?

  『戦国時代から時空を超えてやってきた”笑いの下剋上コンビ”、「公家大名(くげだいみょう)」のお二人でーす』・・・???」



公家大名「「はい、どーもーーー!! (と言いながら小走りでスタジオ中央へ)」」

おかべカッター(え

???「ただいまご紹介にあずかりました、公家大名でーす!

     私は家来の”おかべ君”文字色、そしてこちらにおわすのが・・・」

誰ですかアナタは


???「”今川マロ11世”、でおじゃ。」

おかべ君(以下”お”)「というわけで、皆さん今日は顔と名前だけでも覚えて帰ってくださいねー!」

今川マロ11世(以下”今”)「ホッホッホ・・・(と言いながら右手に持った湯呑みをゆするフリ)」

ま「えぇ・・・(困惑)」


お「さて、殿。 今回のネタは、みごと”下剋上ランキング”の第1位に選ばれた、北条早雲殿ですね。」

今「うむ、やんごとなきマロの話術をもってすれば、足軽たちの笑いをとるなど他愛もない・・・ 面倒だから普通に喋るわ。

ま「いや、普通にしゃべれるんかーい!!(心の声)」


お「さて! テレビ(ブログ主注:パソコンかスマホも含む)の前の皆さんは、北条早雲殿のことをどのくらいご存じでしょうか?」

今「実は私自身もね、早雲さんにはお世話になったというか、早雲さんがいなかったら生まれてないかもしれないんですよねー。」

お「えー、殿が生まれてなかったら、私もこうして殿にお仕えしてなかったかもしれません。 どうしてそんなことに?」

今「まぁ私も生まれてない時の話ですけど、私のおじいさんのお嫁さんが、早雲さんのお姉さんだったらしいんですわ。」

お「つまり、おばあさんですねぇ。 名門だった今川家に嫁いで来る早雲殿のお姉さんは、それなりに位の高い女性だったんですかね?」

今「そうやね、少し昔までは『どこかの流れ者』みたいに言われてた早雲さんやけど、実はなかなかの家柄の坊ちゃんだったみたいですわ。」


お「で、それと殿が生まれてなかったかもしれないって話と、どう関係があるんです?」

今「ある日、おじいさんは隣の国へ合戦に出かけて、そのまま帰ってこなかったんですわ・・・」

お「昔話の始まりみたいに言ってますけど、大事件じゃないですか!?」

今「おじいさんの息子、つまり私の父になるんですけどね、まだ6歳だったので『跡継ぎにするには早いんじゃないか』って話になって。」

お「ほう。」

今「こんな幼子に今川家の当主は無理だーって言い出した”親戚のおっさん”が、勝手に今川家の当主として振る舞いだしたんですわ。」

お「そんな勝手な事をされて、殿の父上を産んだおばあさんは黙ってたんですかね?」


今「そこで、早雲さんの出番ですわ。

  自分のお姉さんが困っているのを放っておかず、すぐに京から駿河にすっ飛んできて、おっさんを説得しはったんです。

  『幼子であっても当主は当主、家来は家来。 身の程を考えて・・・』と言ったかどうかは知らんけど、なんとか丸く収まりまして。」


お「お姉さんのピンチに颯爽(さっそう)と現れて、トラブルをあっさり解決してみせる。 まるでドラマか何かのヒーローですねぇ。」

今「ただこのおっさん、早雲さんが京に帰りはった後にまーたゴネだして、怒った早雲さんに”ズバーっ”と…」

お「成敗されてしまいました、とさ。 めでたしめでたし。」

今「いや別にめでたくはないけども。 ひと一人死んでるから。」


お「そうそう、忘れるところでした。 今回のテーマは”下剋上”、ここはひとつ早雲殿の下剋上話を私めにさせてくださいな。」

今「おかべ君、ホンマにできるのー? 大事な役目ですよ?」

お「任せておいてください、昨日は徹夜してヤホーでウィキをエゴサーチしてきましたから。」

今「なんか分からんけど不安やわ・・・ でも本番始まってるからね、よろしく頼むよー。」


お「さて、先ほどの”おっさん退治”で今川家の重臣になった早雲殿は、駿河と伊豆の国境近くに自分の城をもらいました。」

今「ふむふむ。」

お「一方、伊豆の国には”室町幕府の出張所”みたいな機関があって、そこのお殿様だったのが『足利茶々丸(ちゃちゃまる)』です。」

今「戦国武将なのに、かわいらしい名前やね。」

お「しかし、この足利”じゃじゃ丸”にはちょっと複雑な過去があって・・・」

今「いや”じゃじゃ丸”って! ”茶々丸”ね! なんでそこ言い間違えるかな、ぴっころとぽろりを連れてこなあかんやん。」

お「茶々丸はちょっと”やんちゃ”な子どもだったそうで、父親は彼に自分の跡を継がせたくなかったと思っていたらしいです。」

今「はぁー、父親にそれだけ言わせるってことは、相当に”やんちゃ”やったんやね。」


お「で、そういう嫌な雰囲気を感じ取っていた足利”臥牙丸”がとった行動はというと・・・」

今「今度はお相撲さん出てきた! ジョージア出身の”ががまる”関! あと”ががが”って言いづらい!」

お「茶々丸は、自分より可愛がられていた弟とその母親(※茶々丸の母親とは別人)の2人を、”ズバーっ”とやっちゃったんですね。」

今「うわうわうわ! いくら戦国時代でも、平気でそんな事をできるもんなんですかね?」

お「で、そんな”事件”を起こした人物がお殿様とあっては伊豆の国がうまく治まるはずもなく、孤立していく足利”千代丸”。」

今「いやそれもお相撲さんだから! かわいい寝顔をSNSにアップしてる場合じゃないでしょ!?」


お「こうして混乱を極めた伊豆の国を今なら手中にできると、今川軍を率いて攻め込んだのが誰あろう早雲殿だったのです。」

今「やっと早雲さん出てきたねー。」

お「もちろん攻め込まれて黙ってはいられません、伊豆を守ろうと出陣した足利”武蔵丸”でしたが・・・」

今「ついに(元)横綱が出てきちゃったよ! 現在の武蔵川親方ね! いい加減お相撲さんから離れなさい!」

お「やはりというか早雲殿の采配と知略には敵わず、最後は”ズバーっ”とやられてしまった足利”真田丸”でした。」

今「オチだけ微妙に戦国ネタかい! というか途中から完全に茶々丸メインになっとったで。」


お「・・・と、この後も早雲殿の活躍は続くのですが、そろそろ善徳寺に出かけないといけないお時間です。」

今「む、もうそんな時間か。 あとは各自で調べて勉強”するが”良いぞ。 ”駿河”だけに。」

お「・・・ヤヤウケですね。」

今「やめさせてもらうわ。」

「「どーも、ありがとうございましたー!」」  (二人してスタジオの外へ出ていく)




ま「えーと、私たちは何を見せられていたのでしょうか・・・?」

ま「と、とにかく! 今回の戦国下剋上ランキング第1位は、北条早雲でした! おめでとうございます!」

ま「このブログでは、これからも”ちょっと変わった切り口”から戦国時代を解説していく記事を、作っていきたいと思っています。」

ま「今回の企画で紹介できなかった戦国武将も、また何らかの機会に取り上げることもありますので、ご期待くださいね。」


  最終回までお付き合いいただき、本当にありがとうございました!

  また平常運転のブログでもお会いしましょう~!



『これぞ戦国オールスター! 怒涛(どとう)の下剋上列伝ランキングスペシャル・2019!』  


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)