FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】「押してダメなら叩いてみな!」・・・そんな話だったっけ、推敲(すいこう)の元ネタって。

こんばんは。

今日から10日ぶりに職場復帰を果たし、その1日目を無事に勤め終えたブログ主です。

電話の受け答えや資料の取り扱いなど、休んだ間に忘れてしまっていないか不安でしたが、ちゃんと覚えていたようです。

また、今月からどうなるか心配していた契約条件も、今年いっぱいは”週28時間以内で残業無し”と決まり、ひとまず安堵しています。

単に不安を先送りしただけなのかもしれませんが、簿記2級を目指す事も考慮されての判断なので、与えられた時間を有効に使いたいです。


さて、身の上話はこのへんにして、昨日の続きを書いていきたいと思いますが。 あらすじはこんな感じ。

・国際機関の学力調査で、日本の学生の「読解力」が低下傾向にあることが浮き彫りになった。

・この件を、マスメディアは「最近の日本の若者は、正しい文章がまるで書けない」と危機感たっぷりに報じた。

・しかし、この調査における「読解力の定義」をよく読むと、必ずしも「正しい文章が書ける」ことを求めてはいなさそう。

・とはいえ、このままだと「スマホやSNSをなくしてしまえ!」という極論が支持されそうなので、ブログ主は別の意見を。



ブログ主が今回の報道に接して真っ先に思い浮かべた単語があります。 「推敲(すいこう)」

普段から文章を書く仕事をしている方には、馴染みの深い言葉かもしれません。 そうでなかったとしても、特に何もないですけど。

今から1,000年以上前の中国(当時は「唐」と呼ばれた)で、実際にあったとか無かったとか言われる(どっちだ)逸話が語源だそうで。

ほんのり現代のエッセンスを混ぜながら話すと・・・(それこそ「正しい日本語で」元ネタを読みたい方は、例によってヤホーでググること)


むかしむかし、公務員試験を受けるため都会に出てきた若者が、面接試験で発表する”自作の詩”のフレーズを考えていた。

「男は月明りの下で、門を推(押)した・・・ いや、門を敲(叩)いた、がいいかな? でもやっぱり推すかな? うーむ・・・」 ドンッ!

考えることに夢中で前を見ていなかった若者は、運悪く(?)街を視察していた”市長”の一行にぶつかってしまった! 警官に囲まれる若者。

「すみません!悪気は無かったんです! その、実は試験で発表する”詩”のことで頭がいっぱいで・・・」

その騒ぎを聞きつけた市長がやって来て、警官と若者の双方から話を聞いた後、若者にこんな声をかけた。

「なるほど、なかなか味のある詩だ。 推すか敲くか・・・私なら、敲くにするかな。 試験、頑張ってこいよ。」

実は、この市長はただの”気のいいオッサン(!)”ではなく、当時の中国でかなりの評判を得ていた”プロの詩人”でもあったのです。

まさかの”アドバイス”をもらって試験に挑んだ若者は見事に合格、その後もプライベートで市長を訪ね、詩について教えを受けたという・・・


このエピソードの中に出てくる「推す」と「敲く」の漢字2文字だけが抽出され、「文章を練り直す」という意味の「推敲」が生まれたのだとか。

何を感じ取るかは人それぞれかと思いますが、正しいというか”整った”日本語の文章を書こうと思ったら、「推敲」が不可欠なのかなと。

なおかつ、できれば他の人にも読んでもらってアドバイスを受けるといいのかも。 自分ひとりでは気づけない「不自然さ」もあったりするし。

とはいえ”ライン”や”ツイッター”で発信する言葉をいちいち推敲してたら、いくら時間があっても足りないね・・・ 「返事遅い!」って言われそう。


まぁ今回も「何を主張したいのか分からない」結論になってしまいますが(ダメじゃん)、たまには長い文章をじっくり読むのもいいでしょう。

新聞や雑誌で、興味を持てそうな記事から始めるとか。 買って読む発行物の文章は、複数の記者や編集者によるチェックが入っていますし。

逆に、いわゆる「まとめサイト」の刺激的なタイトルだけを読んで、世の中を理解したつもりになっていると、読解力はつかないのかも・・・?

日本語として整った文章を書けなくても生きてはいける”豊かな日本”なのかもしれませんが、学ぶ姿勢は持ち続けたいものだと思いました。


では、また。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)