FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】10年前と比べて確実に変わった事。 夜更かしができなくなりました・・・

こんばんは。

お休み明けの仕事に立ち向かう心のパワーが湧いて来ず、おはようツイートを断念した月曜日のブログ主です。

寝る前に飲む薬の量もだんだん減らせているし(明日また病院で相談します)、睡眠時間も幅はありますが6~7時間とれているので

単純に「仕事で失敗したらどうしよう、いや間違いなく何かやらかして怒られるに違いない・・・」的な”暗示”が抜けきっていないのだろうなと。

「失敗する=怒られる」という短絡的な論理も改善の余地ありだし、そこまで自分の能力を低く見積もらなくたっていいとは思うんですけど。

だからと言って「無制限に失敗が許される職場」もこの世にあろうはずがないので、経験値を積んでレベルアップするのが常道ですかなぁ。


そんなことより・・・

『明日から仕事だけど寝たくない、寝たらすぐ朝が来るからもったいない』 そんな風に考えていた時期が、ブログ主にはありました。

まだ20代の頃ですかね、とにかく翌日(下手をすれば日付が変わって当日)の仕事が憂うつで、寝るのが嫌だった自分がいました。

親と同居していれば「早く寝なさい」と言われるのでまだ良いのですが、一人暮らしだと注意してくれる人もいないものですから

夜中の2時とか3時まで、別に見たいわけでもないテレビの深夜番組を流しながら、明かりを消した部屋で悶々と過ごしておったのです。

それでも「寝不足」または「寝坊」で仕事を休んだり遅刻したりは(記憶している限りでは)無かったはず。 やっぱり”真面目”だったんだ。

あるいは、ほんの2~3時間しか寝てなくてもカバーできるだけの”若さ”があったからなのか・・・? 別に戻りたいとも思わないけど。

「仕事や家事が忙しくて、寝たくても寝られない」人もたくさんいると思われる現代日本。 夜中も海外を相手に仕事をする方なら、なおさら。

良質な睡眠を確保するための商品やサービスも急速に市場規模を拡大する中、睡眠そのものが「ぜいたく品」になる日も近い・・・のか??


・・・あまり考えすぎると、また眠れなくなっちゃいますね。 そろそろ切り上げます。 ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)