FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】ナンバーワンになれなくても、誰もが特別なオンリーワンなのです(どっかで聞いたような)

こんばんは。

昨日のテレビ〇〇で放送された「戦国武将総選挙」は、大変に盛り上がっていたようですね。 見られなかったけど。

放送から一夜明けた今日も、ハッシュタグ(ツイートを検索するための符号)をつけた投稿が目立ちました。 見られなかったけどな。

日本国民10万人の投票(らしい)で、栄えある「キングオブ戦国武将」に選ばれたのは・・・ 織田信長さんでした。 おめでとうございます。 



だから見られなかったんだよコノヤロー(←いい加減にしつこい)



・・・取り乱してすみませんでした。


気を取り直して。

番組内では「上杉謙信は絶対に男だよ、だって奥さんいた証拠が見つかったもんという、ある歴史学者の爆弾発言もあったようですが

やはり日本全国に数えきれないほどいる(某戦国時代ゲームの最新作に収録された人物だけでも1,500人以上)戦国武将の中から

歴史にあまり興味が無いと思われる”一般視聴者層”を主な対象にしてアンケートをとると、あんな感じの順位になるんですかねぇ・・・。

もちろん番組で発表された20人の武将は”素晴らしい方たちばかり”で異論は無いのですが、ブログ主のごく個人的な意見としては

ツイッターに流れてくる「なんで立花宗茂や蒲生氏郷が入ってないんだ!」とか「北条氏や島津氏が全滅なのは納得いかない!」のような

おそらく歴史好きな方がそれぞれ”頭の中で思い描いた戦国武将ランキング”とのズレに困惑する数々のツイートに、もれなく共感してました。

「そうだよねぇ、自分が一番好きな武将なのに”日本人の好きな武将”に入っていなかったら、そりゃ納得いかないよねぇ・・・」なんて。


とはいえ「こんなばんぐみにまじになっちゃってどうするの」という冷静なご指摘もあろうかと思いますが、これは歴史に限らずとも

自分が夢中になって追いかけたい、極められるなら極めてみたい分野の話題には、どうしても感情移入してしまうのが人間だと思いますし

むしろ感情移入できないまま例えば「私は歴史が好きです」と言ってみても、説得力が無いような気がして。 試験勉強の延長じゃないかって。

歴史は勉強すればするほど『何が正解で誰が正義か』がどんどん覆されるものですし、それは人間社会の営みそのものだったりする。

昨今のテレビや週刊誌のように「知らないと大恥! あの有名武将に隠された真実!!」と煽り立てなくても、充分に味わい深いもなので。


・・・と、ブログ主が戦国武将に感情移入して語り始めたら2時間あっても足りないので(←本当だな!?)、まとめのツイートを。



ちなみに、ブログ主が一人だけ投票するとしたら・・・足利義輝かなぁ。 あと地元枠があれば山中幸盛(鹿介)。 おそまつさまでした。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)