FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【簿記の話】ブログ主が(後付けながら)考えた、社会に出てから簿記を習うことの意義。(1/2)

こんばんは。

個人的にはあまり好きでは無い”まとめサイトにありがちなタイトル”ですが、他に良い案も浮かばないのでこれで行きます。

昨日の【簿記の話】カテゴリー立ち上げました!からの流れで、簿記を勉強し始めてからブログ主が”新鮮に驚いた”2つの知見を書こうかと。

もちろん、すでに簿記を自由自在に操って仕事をしておられる方々からすれば、お前ごときが偉そうに!な内容になりそうですけど

歴史と同じで「(半年前のブログ主と同様に)簿記を勉強したことのない読者さん」もいますし、自分自身への伝言でもありますのでご容赦を…


さて、現在ブログ主が勉強している「商業簿記」を前提にしますと、簿記の目的は「お店や会社の”お金の所在と動き”を管理する」ことです。

自宅で何かのお店を開いていらっしゃる方はもちろん、一般家庭でも”家計簿”をつけていらっしゃる方には何となく想像できるでしょうか。

極めてざっくり言えば「財布の中には3万円、〇〇銀行の口座に20万円・・・」とか「今月の食費は4万円、光熱費は1万円・・・」という感じで

”いま持っているお金や財産(もしくは借金)の総額”と”1か月間(あるいは1年間)の収入がいくらで、何にいくらお金を使ったか”について

お金や財産が変動した要因(給料をもらった、買い物をした、銀行にお金を預けた・・・など)を一つひとつ明らかにして、記録する手続きです。


「なーんだ、それくらいなら”簿記”の資格がなくたって誰でもできるでしょ!」 そう思った方がいたら、手を挙げてください(見えないけど)

偉そうに聞いたブログ主も、手持ちの現金や貯金が底をつかないように”収入と支出のバランスをとる”生活だけなら、簡単だと思ってました。

でも… ”一般のおうちでつける家計簿”と、”(例えば)株式会社で必要とされる簿記”とでは、大きな違いが2つあったことに気づくのです。


① 株式会社の出資者である”株主”の存在を無視できない。


これを知らずによく十何年も社会人やってたなと我ながら思いますが、そもそも”株式会社”って?という所から簿記の勉強は始まりました。

「資本金1円からでも会社は作れる!」らしいですが、株式会社を設立するには”株式”を発行して旗揚げの資金を集めることから始まります。

例えば「額面1万円」の株式を100枚発行し、すべてが株主(お金を出して株式を買う人)に行き渡れば、100万円の資金が手に入ります。

この”株主から調達した資金”に加えて、銀行から借りたお金や自身の財産などを元手に商売を始め、利益を出すのが会社の目的となります。

そして、会社が順調に利益を上げて蓄えが増えれば、元手を出してくれた株主たちに”恩返し”・・・例えば”配当”や”株主優待”ができると。

そんな感じで「株式会社で一番偉いのは社長ではなく、株主だ」と言う人もいるほどに(←誰?)、株主の存在は無視できないのだそうです。


・・・また悪いクセで前置きが長くなりましたが、なぜ株式会社の簿記が一般家庭の家計簿と同じようにいかないのかと言えば。

「家計簿は自己流でもつけなくても他人に迷惑はかからない」のに対し、「簿記がいーかげんな会社は、株主や社会の信用を失う」からかと。

まぁ家計簿を進んで赤の他人に見せる人も少ないと思いますけど、お隣さんの家計簿がどーだとか気にすることはまずないですよね。

さすがに「今月は使い込んじゃって…少し都合してくれない?」なんて迫られたら面倒ですけど、ひとまず自分が把握できていればそれで。


一方、株式会社が”財産”として管理するお金やモノなどは、繰り返しになりますが”株主が株券と引き換えに払ったお金”が原点です。

「大事なお金を預けるんだから、しっかり商売をしてくれよ」という思いで出したお金が、どこでどう使われているのか分からないとなったら

「それじゃ話が違うじゃないか! 納得できない!」となりませんかね・・・? (まるで”税金”にも同じことが言えそうな・・・っとそれは次の話)

だからこそ、会社は「この1年間でいくらの売り上げがあり、いくらを仕入れに使い、いくらの給料を支払い・・・」と全ての”お金の動き”を把握し

「・・・以上の結果、今年度の会社の儲けはこれこれで、そのうちいくらを株主に配当する予定です」と報告する”責任”があるわけですね。

そして、正確かつ客観的に”お金の動き”を把握し、記録・集計・分析・報告する一連の手続きを体系的にまとめたものが”簿記”である、と。


・・・というような話を”予備知識ゼロ”から半年間勉強して(自分なりに)書けるようになったブログ主を、誰か褒めてください(←承認欲求)

思った以上に長くなってしまったので、後編の2つ目は明日にします。 誰かの何かの役に立てば幸いです。 ではまた。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村








コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)