FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】あの日から25年、自分が「あの時はこうだった」と伝える側になるとは・・・年取ったなぁ。 

こんばんは。

1997年1月17日午前5時46分。 兵庫県をはじめ西日本各地に甚大な被害をもたらした「阪神(・淡路)大震災」がありました。

当時は中学生で部活の朝練もあったブログ主は、地震が起こった瞬間にはベッドの中でうとうとしていて、揺れているのは分かったのですが

棚からモノが落ちたり停電したりという事は無く、まぁそんなに大きな地震じゃなくて良かったなぁ、なんて呑気に考えつつ起き出しました。

地震直後のテレビ報道はよく覚えていないのですが、異変を察したのは部活の朝練が終わって片づけをしていたときでした。

JRの線路が見える場所に学校があり、(今はもう走っていない)ブルートレインがいつも決まった時間に通り抜けていくのですが

この日に限ってはいつもの時間どころか10分以上待っても来る気配が無く・・・ もしかして地震の影響で? とか思ってました。

そして(当然スマホなど持っておらず)何も知らずに帰宅したブログ主を待ち受けていたのは、がれきの山と化した神戸の街の映像でした・・・


自分自身が被災したり避難生活を余儀なくされてはおらず、実際に大切なヒトやモノを失った方々への適切な言葉は今も見つかりませんが

「明日は我が身」と危機感を持って防災対策を進めるのか、「どうせ来ないでしょ」と他人事を決め込んで目先の楽しい生活を優先するのか。

どちらが良い悪いではなく正解不正解も決めつけられない問題ではありますけど、「震災を忘れない」とはこういうことではないかと思います。

明日以降はまた「震災などなかったかのように賑やかで騒がしい」テレビに戻るのでしょうけど、忘れてはいけない事は確かにあるのです。


以上、インフルエンザの保菌者と疑われるまこな。がお送りしました。(明日明後日は自主的に”自宅待機”を決め込む予定です)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)