FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】麒麟じゃなくてサン〇リーがくるとか。 とりあえず”道三の罠=伊〇衛門”ってことで(違う)

こんばんは。

きのう放送された「麒麟がくる」第2話、テレビの視聴率もネットの反応も『つかみはOK!』となったようで何よりです。

主人公・明智光秀が仕えた(とされている)美濃の戦国大名・斎藤道三の城に、隣国尾張の実力者・織田信秀が攻めてきたという内容。

録画や再放送を見る方の楽しみを奪ってはいけないので結果は伏せますが、本木雅弘さん演じる道三が視聴者の心をわしづかみ。

「真田丸」で主人公・真田信繁(幸村)の父親を演じた草刈正雄さんのように、主役を食ってしまいそうな「戦国大河の”当たり役”」の予感が。

しかも、終盤ではなぜか自らお茶を点て・・・ ネット上では「本木さんがCMに出演するペットボトルのお茶」の名前が飛び交いましたとさ。


でも、まだ2話の時点でこれだけ視聴者の評価を上げたぶん、おそらく序盤のハイライトになる「道三の(歴史からの)退場」が描かれる時は

きっと大河ドラマファンから「道三ロス」を悲しむ声が多数挙がるだろうなぁ・・・ ここ数年ですよね、なにかと”〇〇ロス”って言い出したの。

いっそブログ主は、早くもドラマから退場した美濃守護・土岐頼純(ときよりずみ)のロスになってやろうか・・・ あれこんな所にお茶がごくごく



おきのどくですが  このきじのおちは きえてしまいました。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)