FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】昨日書いた”誰得なATM”の答え合わせと、麒麟とか節分そばの話など。

こんばんは。

今日からまた1週間のお仕事が始まった方も多いと思われますが、調子はいかがだったでしょうか?

ブログ主は・・・今月から新しい業務を覚えたうえに職場で使えるようにしないといけなくて、自宅でも予習復習をする必要がありそうです。

6月の簿記2級、そして10月の〇〇〇3級に向けた勉強と並行して、果たしてうまく時間を回せるのでしょうか・・・? ゲームはしますけど。


で、昨日の記事で書いた「この銀行のATM、ちょっと変なんですけど~」の答えらしきものを。

昨日の内容を1行でまとめると・・・「ATMで暗証番号を入力するときに、見た事のないボタン配置があらわれた」 → 全文

いったい誰に何のメリットがあって(元日から4日間かけた工事をして)こんな改修を施したのか、お金を下ろした直後は謎だったのですけど。

分からないままでいるのも何か悔しいと思い、ネットのチカラを駆使して”理由”を調べてみたら・・・ こんなコラムを見つけたのでご紹介。




ある生命保険会社(で合ってる?)の”エラい人”が教えてくれた事には、端的に言うと「犯罪に巻き込まれるのを防ぐため」だとか。

なんでも「暗証番号を入力する手の動きを後ろから盗み見て、他人の暗証番号を手に入れようとする」手口を阻止する効果が期待されて

都市部の大手銀行などで次々と導入が進んでいて、ブログ主の地方で一番大きな銀行にもその波が押し寄せた・・・という話みたいです。

一時期テレビで注意喚起されていた「スキミング(特殊な機械でカード情報を読み取り口座の現金を奪う)」に比べたらアナログな手段ですが

そこまでして”他人のお金を奪いたい人たち”には何を訴えても響かないでしょうから、自分や大事な人のお金は自力で守らなあかんですね。

ブログ主らしくない”煽り”に応えてコメントくださった”リト”さんと”パタ”さん、ありがとうございました。 


あとは、昨日の大河ドラマ『麒麟がくる』の感想をちょっとだけ。

第3話「美濃の国」では、明智光秀の実家がある”明智荘”に主君の斎藤道三(ドラマの時間軸では”利政”)の娘・帰蝶がやって来たり

第2話で”毒殺”された美濃守護・土岐頼純の叔父にあたる土岐頼芸(よりのり)や、若き信長に振り回される(予定の)平手政秀が登場したり

ラストは今川と織田が激しく火花を散らしたという”小豆坂の戦い”と、(マロではないタイプの)駿河の大名・今川義元公の不敵な表情・・・!

この時代の光秀に関する史料が皆無に近いためか、”若き光秀が生きた時代背景”を丁寧に描いていて、歴史に詳しくなくても楽しめるかと。

次回の「尾張侵入指令」では、後の主君となる織田信長との”運命の出会い”・・・か???  岡村さんとの”珍道中”にも期待です。


では、今日はこのあたりで。 節分に”そば”を食べる習慣って、いつから始まったのかねぇ・・・(ブログ主は今年知った)

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2020/02/05(水) 02:34:28 | | by (#) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)