FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【簿記の話】企業の「決算」と言ったら、桃太郎電鉄のイメージしかなかったブログ主が通りますよ。

こんばんは。

今日は2月11日、建国記念の日で祝日でした。

ちなみに昨日2月10日は「簿記の日」だった・・・というのをツイッターで知ったので、最近の新聞記事と絡めてひとつ。


簿記を勉強していると、結構な頻度で登場する単語に「決算(けっさん)」があります。

会社法という法律の定めにより、企業は「1年を超えない一定の期間ごとに決算を行う」ことが義務付けられています。

その決算で何をするか・・・「決算日に企業が保有する財産や借金などの額」「前回の決算からいくらの儲けが出たか」を明らかにします。

前者をまとめた表は「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」、後者は「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」と呼びますが、一旦置いといて。


ブログ主が簿記3級を勉強していて、例題に出てきた(架空の)株式会社のほとんどは、3月31日か12月31日に決算を行っていました。

それ自体には特に何の感想も持たなかったのですが、先日の新聞で”ある記事”を見つけた時に「なるほど」と思ったので紹介しようかと。

記事によると、2月7日(この記事が載った前日)時点で東京証券取引所の1部に上場している国内企業、2158社を対象に調べたところ

決算日を3月31日としている企業が1489社で、12月31日が決算の会社は250社。 合わせると全体の8割を占める計算です。

「株式会社での会計業務」を前提とした問題が出る最近の簿記検定では、これらに合わせて勉強した方が実戦でも使いやすいのかなと。

あと、テレビゲームの桃太郎電鉄(プレイヤーは鉄道会社の社長)でも、決算は3月の終わりに行われるのがお約束になっています。

役所や学校は4月1日から新年度を迎えますし、年度の切り替わりに合わせてお金の動きも整理するのが分かりやすいのかもしれません。


しかし、同じ株式会社でも中小・零細企業まで含めた場合、事情は少し変わってくるようで。

国税庁が全国のおよそ270万社(!)を対象にした決算時期の調査では、1位はやはり3月31日ですが割合は全体の約2割ほど。

続いて9月30日と12月31日が1割ずつを占めるにとどまり、あとの6割はその他の月末を決算日にしていることが分かったそうです。

決算日をいつに設定しようと、やらなければならない手続きはどこの企業もだいたい一緒のはずなのですが、なかなか興味深いです。

確かに全ての企業が同じ日に決算をしてたら、法人税とか消費税の手続きや相談も集中して税務署なんかは大変な事になるだろうな・・・

税金と言えば、そろそろ所得税の確定申告も受付が始まるか・・・ 昨年分は年末調整で全額還付されたけど、医療費とFX口座絡みで。


というあたりで、明日からまた3日間は仕事(+水曜夜の勉強会)です。 体調とメンタルを気遣いつつ、ぼちぼちいきます。

ではー。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)