FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【日常】東西に長い山陰地方。 全国のニュースで”大雪”の見出しも、一概には言えないようで・・・?

こんばんは。

昨日の昼過ぎあたりから本気を出した「冬将軍2020」のおかげか、今朝は”今季2回目の積雪”となった出雲市の平野部です。

この時期の”大雪”を報じるニュースでは、山陰地方よりも北陸地方や東北地方の日本海側の様子を取り上げることが多いのですが

今日のお昼の全国ニュースでは真っ先に「雪で真っ白になった鳥取砂丘」の映像が紹介されていました。 

ブログ主も直接見たことは無いですけど、やはり報道する側は珍しくてインパクトの強い映像を使いたいのでしょうかね。


で、今日ブログ主が言いたいのは「ひとくちに”山陰”と言っても、東と西ではずいぶん違いがあるんすよ」という話。

全国ニュースで「鳥取砂丘も真っ白!」みたいな映像を、山陰地方以外(同じ天気予報を見る山陽地方は別かも)の人が見たら

「うわー、山陰地方は雪で大変だな。 松江とか出雲でもこんなに降ってるのかな?」とお思いになるのも、ごく自然なことと感じます。

しかしながら、鳥取砂丘のある鳥取市は鳥取県の最も東にあって、山陰地方(の平野部)では最も雪が積もりやすい場所なんです。

今回は鳥取県の西部にある米子市や、さらに西の島根県松江市でも「朝はJRが止まり、除雪車が出動する」くらいの積雪はありましたが

もっと西にあるブログ主の本拠・出雲市の平野部では、昼前には道路からは雪がなくなり、仕事から帰るのも全くいつも通りでした。

そして、島根県をさらに西へ進んだ”ある町”のスキー場は、今年は雪不足で1日も営業できず、今回の雪も”焼け石に水”だとか・・・


なので、興味のある方は山陰地方の地名を聞いた時に、「これは東西で言ったらどのへんにあるだろう?」なんて気にしてみて頂ければ。

だからと言って山陰地方の観光客や人口が増えたりはしませんけど、鳥取と島根を間違える”うっかりミス”は減ると思います(←うっかり?)


では、今日はこのへんで。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)