FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】素朴な?疑問。
こんばんは。

今日は通常営業でいきます。

久々に、気になるニュースがあったのでご紹介。


【以下、『NHK NEWS WEB』より引用】
うがい薬のパッケージを巡って、食品大手の「明治」は、製薬会社2社に対して、デザインがよく似ていて消費者が間違えるおそれがあるなどとして、デザインの使用の差し止めを求める仮処分を裁判所に申し立てました。

「明治」は、これまで一般用のうがい薬として高いシェアを持つ「イソジン」を販売していましたが、契約の見直しに伴い、ことし4月以降は別の商品名でうがい薬の販売を続けることにしています。パッケージには、これまでどおりカバのキャラクターを使う方針です。
一方、ことし4月からは薬の成分を開発した外資系の製薬会社「ムンディファーマ」と「塩野義製薬」の子会社が「イソジン」を販売することになっていて、すでに新しい商品のデザインを販売店などに示しています。
これについて明治は、カバのようなキャラクターが使われ、商品のデザインがよく似ていて、消費者が間違えるおそれがあり、「不正競争行為」に当たるとして、ムンディファーマと塩野義製薬の子会社に対し、デザインの使用の差し止めを求める仮処分を9日、東京地方裁判所に申し立てました。

【以下略、引用ここまで】

画像を持ってこれないので伝わりづらいかもしれませんが、要は

「2種類のうがい薬が、両方ともカバのキャラクターでまぎらわしい」

という点が問題になっているようです。


でも、私が気になったのは訴訟うんぬんではなく、

「何でうがい薬のキャラクターがカバなの?」という点です。

人間や他の動物のキャラでも良さそうな気がするのに、なぜカバ??

気になっていろいろ調べてみると…。

かばの口
【イラストは『かわいいフリー素材集 いらすとや』さんより拝借】

一説によると、カバが口を大きく開けるしぐさ(※)がうがいを連想させるため、
(※実際は、相手を『威かく』するしぐさらしい)

うがい薬にカバのキャラクターが使われるようになったらしいです。

あるいは、「カバは実際にうがいをしている!」という説もあったりして、面白かったです。

なるほど、ちゃんと「カバじゃなきゃいけない」理由があったんですね。

本当は「ブランド力」とか大人の事情もあるのでしょうが…そっちはいいです


普段はうがい薬をつかわないまこな。ですが、少し興味を持てたニュースでした。

では、また明日。

【カバを逆立ちさせないでください。 その心は…分かりますよね?】

にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する