FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】戦国時代の中国地方
※このブログの戦国ネタが初めての方は、まずこちらをご覧ください。

今日は月曜日。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


さて、このブログの柱の一つ【戦国時代】カテゴリー。

今日から唐突に、新シリーズが始まります。

題して「戦国時代の中国地方」です。
中国地方の旧国名
参考までに、大まかな当時の地図と国名を載せておきます。
(黒線が現在の都道府県境、赤線が当時の国境を表します)


戦国時代に興味を持っておられる方の中で、

「中国地方」と聞いて多くの方が思い浮かべるのが

戦国大名の「毛利元就(もうりもとなり)」ではないでしょうか。

戦国時代を題材にしたアクションゲームのキャラクターとしても登場していますし、

三本の矢(※)」の故事を聞いたことがあるという方も多いと思います。
(※)「一本の矢は簡単に折れるが、三本束ねれば折れにくくなる」
    ことに例えて、兄弟や家臣の結束を説いたという話。



実際、元就が率いた毛利家は

その後を継いだ毛利輝元(もうりてるもと、元就の孫)の代にかけて

中国地方の大部分をその勢力下に置いています。

しかし、天下統一を推し進める織田信長の軍勢に苦戦し、

本能寺の変後に政治の実権を握った豊臣秀吉に臣従。

関ヶ原の合戦では徳川家康に敵対し、領地を減らされたというのが

毛利家、そして中国地方がたどった大まかな流れになります。


しかし、毛利家がなぜここまでの大勢力を築けたのか、

毛利家に協力あるいは敵対した勢力や人物はどうなったのか、

そして元就がどのような戦いや試練を乗り越えてきたのかということを知ると、

より戦国時代の奥深さを味わっていただけるのではないかと思い、

今回の記事を書こうと思った次第です。


…本心を言えば、私自身が山陰地方の人間なので

鳥取・島根の戦国武将についても知ってもらいたいという狙いもありますが。



ということで、これから少しずつ記事を書いていきたいと思いますので

気の向いたときに読んでいただけたらありがたいです。

よろしくお願いします。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する