FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】続・FXって・・・。
こんばんは。

昨日は予定を変更してすみませんでした。

どうにか落ち着きましたので、今日は通常営業です。


さて・・・。

一昨日の記事で久しぶりに「FX(外国為替証拠金取引)」について書いたので、

ついでと思って以前ブログに書いた「FX連載」の記事を読みなおしてみたのですが・・・。

まー、初心者未満のくせして偉そうなこと書いてましたね(苦笑)

我ながら、可笑しいやら恥ずかしいやら・・・。

そんな当時のまこな。を鼻で笑いたい方はこちらから →       (新しいウインドウが開きます)


では、現在のまこな。はどうかというと・・・。

続きは追記にてお話しします。


にほんブログ村







FXを始めてから半年ほど経ちましたが、たぶん私はほとんど成長していません。

何しろ、その初心者未満が書いたあれこれを「うんうん」と納得して読んじゃうんですから(大汗)

いくら日々の仕事が優先で、平日の夜くらいしかチャートを見られないからって、

勉強も努力もせずにいきなり取引が上達するはずがありませんよね。

「FXで稼ぎたいなら、仕事と同じかそれ以上の労力を注げ」と誰か(失念)のブログで見ましたが、

今の私にはそこに至るまでの本気度も、そして資金も(涙)足りていないという自覚はあります。


それでも、半年ほどFXと相場の世界に身を置くことで、見えてきたものもありました。

・為替や株価の値動きと、それらに影響を与える世界経済の動向や先行き

・資産を貯蓄だけで保持しておくことの危うさ(マイナス金利の影響)

・複数の収入源(労働賃金、貯蓄、投資など)を確保しておくことの大切さ

・一口にトレード技術といっても、様々な要素や方法があるということ

・相場の急変や含み損など、不測の事態に対する自身のメンタルの弱さ


前半の3つは為替を取り巻く情勢や自分の置かれた環境に関する要素、

後半の2つは、自分自身の相場との向き合い方、市場での戦い方に直結するものですね。


唐突ですが、ここでFXの取引を戦国時代の合戦に例えてみます。

トレーダーは「部隊の指揮官(武将)」であり、お金は「兵力」であると考えます。

優れた戦国武将は、合戦に勝つために日々武術を磨き、兵法(兵の動かし方や策略)を学び、

敵の布陣や戦場の立地などの情報を集め、それらを考慮した綿密な作戦を立てた上で、

戦場で起こる様々なトラブルにも冷静に対処することで生き残ってきました。

それでも合戦で不利になれば、部隊が壊滅する前に兵を退き、立て直しを図る。

ここで引き際を誤れば「自分の死」につながるので、知恵と勇気を振り絞ったことでしょう。


これは今の時代、為替市場の最前線で戦うトレーダーにとっても、共通する部分が多い気がします。

どのくらいの戦果(利益)を望むのか。

どのくらいの被害(損)までなら耐えられるのか。

後詰(追加投入)できる兵力(資金)はどれだけあるのか。

それを投入することで戦況が好転する見込みはあるのか。


そして、自分が死なない(資金枯渇で退場しない)ための引き際はどこか。

こうした部分を意識し、自分を律することができてはじめて、戦場に立つ資格が備わるのかもしれません。

(もちろん、お金が絡むと冷静な判断ができなくなるのが人の性だとは知っていますが・・・。)


え?そう言うお前はどうなんだ、って?

そりゃあもう、仮に覚悟があったとしても武力も知力も兵力も足りないので(涙)

最前線に立ったら、逃げる間もなく壊滅しちゃいますって・・・。

だからこそ、最前線から遠く離れた陣地でチマチマと矢を放っているわけで(笑)

戦果が欲しいのはやまやまだけど、やっぱり討ち死には避けたいじゃないですか・・・。

今の自分には1日に2~3百円も取れれば大勝利、という感じです。

名将への道は果てしなく遠いですが、めげずに頑張ります・・・。


長々と例え話をしてすみませんでした。

それでは、また。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する