FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】これより三月。
こんばんは。

うるう年で1日長い2月も終わり、今日から3月ですね。

そろそろ春の足音が聞こえてきそうな時期ですが、今日の山陰地方は雪化粧の朝…

コートやブーツがお役御免になるのは、もう少し先になりそうです。


さて、3月の楽しみといえば大相撲の春場所ですね。

大阪で行われる春場所は、波乱含みの展開になることが多く「荒れる春場所」と言われたりもします。

昨日番付が発表された今場所の注目は、やはり大関・琴奨菊関ですね。

1月の初場所で悲願の初優勝を果たし、今場所の成績次第では横綱への昇進が見えてきます。

もちろん、求められる成績は非常に高い水準になりますが(基本的には大関で2場所連続優勝が条件)、

先場所で見せた力強い相撲がとれれば、可能性はあると思います。

多くの相撲ファンが待ち望んでいるであろう「日本人横綱」となれるのか、初日から注目です。


また、このブログで応援している力士についても少し。

島根県出身の隠岐の海関は、東の前頭2枚目に番付を上げました。

先場所は10勝を挙げ、今場所も勝ち越せば三役復帰が見える位置なので、

自分から攻めていく相撲で上位陣に思い切りぶつかっていってほしいです。


また、鳥取県出身の石浦関も先場所は8勝7敗と勝ち越し、

今場所は自己最高位を更新する西十両8枚目となりました。

十両昇進からちょうど1年となる春場所、関取として成長した姿を見せられるのでしょうか?

幕内から十両に落ちてきた人気力士の遠藤関や大砂嵐関との対戦が

組まれるかもしれませんので、そちらも楽しみです。


あとは、幕下の宇良(うら)さんも気になる存在です。

アマチュア時代に「居反り」という大技を得意としていた小兵力士で、

瞬く間に番付と知名度を上げてきました。

今場所勝ち越せば十両昇進がほぼ確実なので、

近いうちに石浦関との対戦が実現するかもしれません。

小兵力士どうしの対戦、技と速さの応酬が見ものです。

(しこ名も似ているので、お間違えのないように!)


というところで、長くなったので今日はここまで。

明日もお待ちしております。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する