FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第10話視聴。
おこんばんは。

大河ドラマ「真田丸」も、早いものでもう10話まで来ました。

いろいろな感想や批評が出ているようですが、物語としてはまだまだ序盤戦。

先は長いので、このブログでもしっかりと物語を追っていきたいと思います。


では、第10話「妙手(みょうしゅ)」のあらすじ紹介からどうぞ。


・真田家は北条と徳川の対立に乗じて信濃の支配を固めようとするが、

 徳川に鞍替えして間もなく北条と徳川が和睦し、昌幸の目論見は崩れてしまう。

 昌幸はこれに抗議するため長男の信幸を家康のもとに送り、

 越後の上杉軍への備えとして海士淵(あまがぶち)に城を築かせることを約束させるが、
 
 代わりに上野・沼田城を北条に引き渡すことに同意してほしい、と家康から伝えられる。

 しかし、沼田城には昌幸の叔父で重臣の矢沢頼綱がおり、この取決めを頑として拒否。

 これが北条に侵攻の口実を与えてしまい、沼田城は北条の大軍に囲まれる。


・真田家の重要な拠点である沼田城から北条軍を退かせるにはどうするか。

 昌幸は、信繁(幸村)に上杉景勝を動かすよう命じる。

 「策はお前に任せる」と昌幸に言われ、必ず成功させると意気込む信繁は、

 上杉家の本拠である越後・春日山(かすがやま)城に乗り込む。

 景勝や直江兼続(なおえかねつぐ)は春日の一件から真田を全く信用しておらず、

 一つ間違えれば自身の命も危ない状況であったが、信繁は全く動じない。

 逆に信繁は景勝に『ある芝居』を打つことを持ちかけ、興味を持った景勝の同意を得ることに成功する。


・数日後、信幸と信繁が率いる真田軍は、上杉方の信濃・虚空蔵山(こくぞうさん)城に兵を進めた。

 しかし、信繁は城を守る兼続と一瞥を交わしただけで、攻撃を行うことなく撤収する。

 これこそが、信繁が考えた「誰も死なせない」ための『ある芝居』であった。

 詳細はどうあれ「上杉が真田を破った」という知らせは瞬く間に諸国に広まり、

 さらに「上杉軍は勢いに乗じて上野奪回を狙っている」という噂に色めき立つ北条軍。

 上杉の進軍を警戒した北条氏政は沼田城への攻撃を中止し、信繁の策は見事成就したのである。


・大役を務めあげ、真田の郷で梅と会った信繁。

 春日山城に向かう前、梅から「子どもができた」と告げられていた信繁は

 「貴女は私に必要な存在だ」と語りかけ、妻として迎えたいと打ち明ける。

 その裏で、真田家に新たな危機が迫っていることを信繁はまだ知らない・・・。



今回のお話は、真田の領地である沼田城をめぐる駆け引きを中心に展開しましたが、

自ら考え出した策を成功させた信繁が、家康と会見の場で渡り合った信幸とともに

武将として着実に成長している、と感じさせる回でした。

真田一族の生き方は、やはりドラマとして見応えがあるものだと思います。

「どこまでが史実か」は一旦置いといて、次回以降も楽しみにしたいところです。


あとは、あらすじには載せなかった気になるシーンをいくつか。

・後に義理の親子となる信幸と本多忠勝、最悪のファースト・コンタクト。

 信幸いわく「あのような男は一番苦手だ」・・・。 今後が思いやられます。


・木曽義昌のもとにいたはずのとりが、何故か徳川家の人質に。

 その返還をダシに沼田城の引き渡しを迫る家康、なかなかの策士です。


・一方、無事真田の郷に帰還したとりは、家中の女性陣を集めて独演会状態。

 我らが(?)こうもいましたが、今回は軽く咳こんだだけ・・・。

 そこに口を挟んだきりですが、現代風の口調なのが少し気になってきました。


・今回の昌幸は、事あるごとに碁を打っていました。

 特に、上田城の建設現場での一局は形勢が悪かったのか

 どさくさに紛れて?碁盤の上の石を崩してみせたり・・・。

 何とも食えないおっちゃんぶりを見せてくれました。 


・その昌幸に怒鳴り散らしたり、家康に呼ばれたりと忙しいのが室賀さん。

 彼を呼んだ家康の腹心・本多正信の「安房守(昌幸)には死んで頂きましょう」が何とも不気味・・・。

 果たして「黙れ、こわっぱ!」はあと何回聴けるのか?


・そういえば、家康は「秀吉が攻めてくる」と言っていましたが

 秀吉と柴田勝家の「賤ケ岳の戦い」はもう終わったんですかね?

 勝家の配下だった佐々成政が上杉領を狙っていたということですが、

 ドラマの中での時間軸が示されていないため、そのあたりは微妙・・・。

 一応、上田城の築城開始が賤ケ岳の戦いと同じ1583年だということは確かですが・・・。



以上、ドラマの内容についてはこのあたりで。

追記は、真田家にまつわる『あのマーク』についてのお話です。


にほんブログ村








先日、近所のスーパーでこんなお菓子を見つけました。

あのお菓子1


「真田丸」のロゴも入った、タイアップ商品ですね。

パッケージも赤一色、味は唐辛子入りで少し辛めでした。

で、こんな写真も撮ってみました。

あのお菓子2


この並びを見て、ピンと来た方も多いかもしれません。

「真田丸」で時々登場する『あのマーク』にそっくりだと思いませんか?

六連さん


四角い穴の開いた丸が、6つ並んだこのマーク。

これは、戦国時代に真田家が使っていたとされる「家紋(かもん)」の一つです。

戦国時代を題材にしたゲームなどではよく使われている家紋ですが、

近年の戦国武将ブームに乗って、いろいろな所で見られるようになりました。


真田家の家紋に描かれた四角い穴が開いた丸は「銭」つまり「(昔の)お金」を表しています。

この図柄は銭が6つ描かれていることから「六連銭(ろくれんせん)」という名前がついています。

また、この硬貨の単位が「文(もん)」であったことから「六文銭(ろくもんせん)」と呼ばれることもあり、

現在ではこちらの呼び方が有名になっています(学術的には「六連銭」が正しいようです)。


なぜ真田家が『お金の絵を家紋にしたのか』については諸説ありますが、

「死後に三途の川を渡る船賃が六銭(六文)であり、これを携えることで死を恐れずに戦に臨める」

「仏教における死後の世界で『六道(注)』を輪廻する際に、道に迷わないようにするため」

など、戦国時代の人々の死生観につながる図柄だと説明されています。

(注)これにちなんで「六道銭」という別名もある


真田家の地元・長野県上田市では、街のいたるところに六連銭がデザインされていたり、

市内の飲食店でも六連銭をイメージさせるメニューが考案されたりと、

今回の大河ドラマを地元の活気につなげようと盛り上がっているようです。

その熱が冷めないうちに、ぜひ上田に行ってみたいものだと思った

今日のまこな。なのでした。


それでは、また明日。


にほんブログ村






コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
ちょうど今僕がハマっている戦国合戦アプリで真田の六文銭というのが出てきていたので、なるほどと合点がいきました。
因みに戦国合戦アプリといえば聴こえは良いですが、実のところ武将は全員美少女という設定の所謂『萌えゲー』なのでお気になさらず(笑)
2016/03/15(火) 11:42:12 | URL | byニカ (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
ニカ さん
コメントありがとうございます。

> ちょうど今僕がハマっている戦国合戦アプリで真田の六文銭というのが出てきていたので、なるほどと合点がいきました。
> 因みに戦国合戦アプリといえば聴こえは良いですが、実のところ武将は全員美少女という設定の所謂『萌えゲー』なのでお気になさらず(笑)

確かに最近、『そのテの』ゲームはよく見かけますね。
実は私も好きなので、気にしないというかどの作品か興味はあります(笑)

それはともかく、家紋は「信長の野望」とかをプレイしているうちに
自然に覚えてしまったんですよね。(大名クラスの武将だけですが)
真田の六文銭は図柄がシンプルで覚えやすいのと
真田家の武将が割と有名なのとで見かけることが多い家紋の一つです。
今年は大河ドラマもあるので、なおさらかもしれません。

また機会があれば、他の武将の家紋も紹介したいと思います。
2016/03/15(火) 19:29:35 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する