FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【関心事】春場所の結果。
こんばんは。

今日は用事があって午後から出かけたのですが、

帰ってきたあたりから喉が少し痛いまこな。です。

2,3日前から寒さがぶり返してきたので、そのせいかな・・・?

明日も仕事ですし、今日は早めに休もうと思います。


さて、大相撲春場所が千秋楽を迎えました。

結びの一番までもつれた幕内の優勝争いは

横綱・日馬富士関との一番を制した横綱・白鵬関が

14勝1敗で4場所ぶり36回目の優勝を飾りました。

今日の相撲はあっけない決着で、熱戦を期待した客席からはため息や不満の声も出たようですが

白鵬関も優勝がかかる今日の勝負にこだわった結果だと思うので、素直に祝福したいと思います。


他にも、今場所については言いたいことがいろいろありますが、

今日はこの後「真田丸」を見たいので、手短にまとめます。


・綱取りに挑んだ大関・琴奨菊関は、8勝7敗で一からの出直しです。


・大関・稀勢の里関は13勝2敗の好成績も、優勝には一歩及ばず。

 大阪出身の大関・豪栄道関も12勝を挙げ、優勝争いを盛り上げました。


・前頭筆頭の琴勇輝関が、1横綱2大関を破る活躍で12勝をマーク。

 自身初の三賞となる殊勲賞を獲得し、来場所は関脇昇進が有力となりました。


・島根県出身で前頭2枚目の隠岐の海関が、今日勝って8勝7敗の勝ち越し。

 2勝7敗から怒涛の6連勝で、来場所は三役に返り咲く可能性が出てきました。


・鳥取県出身で十両8枚目の石浦関も、今日勝って勝ち越しを決めました。

 こちらも5勝7敗からの3連勝で、来場所は自己最高番付を更新しそうです。


・膝のケガによる不調に苦しむ人気力士・遠藤関は、十両6枚目で11勝4敗。

 復活の兆しを見せ、来場所は再入幕の可能性もあります。


・幕下2枚目、期待の新鋭と言われる宇良(うら)さんは6勝1敗の好成績。

 来場所での新十両昇進がほぼ確実となりました。



次の本場所は、5月に東京・両国国技館で行われる夏場所です。

開催が近づいたら、またこのブログでも話題にしたいと思います。


それでは、今日はこれで失礼します。

なお、明日は「真田丸」レビューの予定です。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する