FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第12話視聴。
こんばんは。

昨日の記事で「喉が痛い」と書いていましたが、

今日は仕事中に咳やくしゃみがこらえきれなくなり、

どうやら本格的に風邪を疑わなくてはならない気がするまこな。です。

年度末で仕事も立て込んでいるので、何とか持ちこたえたいですが・・・。


そんなわけで、今日の大河ドラマ「真田丸」レビューは

いつもより短縮版でお送りします。ほんと申し訳ねぇです・・・。


【忙しい人のための「真田丸」 第12話「人質」


① 室賀正武による真田昌幸の暗殺失敗を知った徳川家康は、

  北条と約束した沼田城引き渡しを果たすべく、次の策を練る。

  一方、室賀の一件で徳川の敵意を確信した昌幸は

  徳川に対抗するために上杉景勝との関係改善を図る。

  景勝は人質を要求し、信繁(幸村)がその大役を任された。


② 春日山城を訪れた信繁に対し、景勝はその人間性に興味を持ち客人としてもてなすが、

  景勝の腹心・直江兼続はそれを快しとせず、真田家の本気度を確かめるため

  沼田城を上杉に引き渡すよう求め、昌幸と信繁は困惑する。

  この頃、梅が信繁の第1子となる女の子を出産。


③ 景勝は義父・上杉謙信と同様に義を重んじる性格であったが、

  領民からの陳情を先送りにするなど、領国経営の理想と現実に苦慮していた。

  そんな折、信繁は景勝に誘われ春日山城近くの集落を訪れる。

  そこで漁師たちによる揉め事を収め、同時に景勝の面目も立てた信繁は

  ますます景勝に気に入られ、真田と上杉の関係は大きく前進。

  もちろん、沼田城の件も取り下げとなった。


④ こうして上杉を味方につけ、ついに徳川に手切れ(同盟破棄)を伝えた昌幸。

  怒った家康は真田を潰すべく、7000の軍勢を上田城へ差し向ける。

  わずか2000の兵で迎え撃つ昌幸らは、上田城で軍議を開いていた。

  そして、景勝から帰参の許しを得た信繁は、大急ぎで海津城へと向かっていた・・・。 



本当は、ナレーションだけで終わった「小牧・長久手の戦い」の詳細や

今回のサブタイトル「人質」に関する話を紹介したかったのですが、次の機会にします。

次回は序盤の山場になる「第一次上田合戦」が描かれる回なので

体調を整えて、しっかりレビューをしたいと思います。


では、今日はこれで失礼します。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは~

今日の話題と少し外れて恐縮ですが、一昨日の「タイトル変更」の記事で一番にコメントを入力したはずだったのですが、キーワードのタイプミスかでまだ登録されていない状態で終了してしまってたようでガッカリでした。。

もうすぐニュータイトルで心機一転ですね。楽しみにしています。

2016/03/28(月) 20:48:45 | URL | by六男 (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
六男 さん
コメントありがとうございます。


> 一昨日の「タイトル変更」の記事で一番にコメントを入力したはずだったのですが、キーワードのタイプミスかでまだ登録されていない状態で終了してしまってたようでガッカリでした。。
うーん、それは残念でしたね。
私もブログの記事や他の方へのコメントを書くときに
うっかり文章が消えてしまった経験があるので、分かりますよー。
もう一回同じ文章を打とうとしても、気力が・・・ってなりますよね。
また気の向いたときに、コメント頂けると嬉しいです。

> もうすぐニュータイトルで心機一転ですね。楽しみにしています。
タイトルだけでなく、ブログのデザインも変えようと思っています。
どんな感じになりますか、4月からの新しいブログにご期待ください。
2016/03/29(火) 20:23:20 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する