FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第13話視聴。
こんばんは。

昨日は大河ドラマ「真田丸」を見ましたが、

まさかのラストが待ち受けていましたね・・・。

真田の名を天下に知らしめた「第一次上田合戦」

その裏には思わぬ悲劇が隠されていたようです。

それでは早速、第13話「決戦」のあらすじです。


・真田昌幸から手切れを伝えられた徳川家康は、

 鳥居元忠を大将とする7000の兵を真田領に差し向けた。

 上杉家の人質となっていた信繁(幸村)は当主・景勝の許しを得て海津城へ入るが、

 そこで預けられた上杉の兵は、子どもと老人ばかりだった。

 「この者たちを死なせるわけにはいかない」

 信繁は矢沢三十郎とともに、昌幸らのいる上田城を目指した。


・一方、上田城では徳川軍を迎え撃つべく軍議が開かれていたが、

 昌幸は「策を完成させるには駒が一つ足りない」とひとり嘆息する。

 そこへ信繁が現れ、「勝った!」と元気を取り戻す昌幸。

 軍議の場へ戻り、息子たちや配下に次々と指示を伝えるのだった。


・昌幸の指示に従い、上田城下で戦に備える信繁と真田の兵たち。

 その懐には、梅が作った六文銭のお守りがあった。

 やがて、信繁の挑発に乗った徳川軍が川を渡り、上田城へ進軍を開始。

 信繁は大きな旗を振り回し、敵を少しずつ城内へ誘い込む。

 途中で梅の姿を目にするが、佐助が城内へ連れ戻したのを見て安堵する。


・そうこうするうち、信繁と徳川軍の先鋒が本丸前の門に達する。

 そこへ姿を現したのは、昌幸と四方を囲む鉄砲兵であった。

 思わぬ反撃を受け、統制を失った徳川の兵は右往左往。

 さらに、逃げようとした兵の退路をふさぐかのように神川が決壊、

 そして信幸の別動隊も到着して徳川軍を散々に打ち破る。

 夕刻には徳川軍は完全撤退し、真田家の大勝利となった。


・戦の後、堀田作兵衛が詰めていた郊外の寺を訪れた信繁は、

 作兵衛とともに信じられない光景を目にする。

 寺の庭の片隅で、梅がこと切れていたのだ。

 行き場を失った徳川軍の兵が、ここに殺到したらしかった。

 梅のなきがらを抱きしめ、悲しみに打ちひしがれる信繁であった・・・。



今回は合戦、特に籠城戦が描かれた回でしたが

迫力と見応えがあって良かったのではないかと思います。

丸太や竹、石に熱湯など、様々なものを武器として利用したシーンは

おそらく当時もあったのでしょうね。

(大名家によっては、石投げを専門とする部隊もあったとか・・・)


次回以降、信繁は(羽柴改め)豊臣秀吉の待つ大坂へ向かいます。

「真田丸」もこれより第2幕に突入、というところでしょうか。

登場人物も増えて、お話をしっかり追っていけるかどうか不安もありますが

レビューもできるだけ頑張っていきたいと思っています。


それでは、今日はこのへんで。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)