FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第14話視聴。

こんばんは。

月曜恒例、大河ドラマ「真田丸」レビューのお時間です。


前回の「第1次上田合戦」が終了して「青春編」が一段落し、

今回から天下人・豊臣(羽柴)秀吉が登場する「大坂編」に突入です。

信繁(幸村)と真田家を待ち受ける、新たな運命とは・・・?

それでは第14話「大坂」のあらすじ、いってみましょう。


・上田合戦が真田家の勝利に終わり、越後・春日山城に戻った信繁。

 越後の国主・上杉景勝からは温かい労いの言葉をかけられるが、

 最愛の妻・梅を亡くした悲しみと後悔の念は消えなかった。

 近習の矢沢三十郎の叱咤もあり、何とか前を向こうとする信繁であった。


・一方、真田軍に大敗を喫した徳川家康は激怒。

 上田城への再攻撃を計画していたところに、まさかの知らせが届く。

 家康の腹心であった石川数正が、秀吉に寝返ったというのだ。

 徳川軍の内情を知り尽くした数正が秀吉については、真田攻めどころではない。

 家康は信濃から兵を退かざるを得ず、さらに秀吉の侵攻におびえることになる。

 数正出奔の影には、家康に捕えられた昌幸の弟・信尹の存在があったという。


・本能寺の変の後、明智光秀や柴田勝家を破った羽柴秀吉は

 摂津国・大坂の地に巨大な城を築き、関白に就任。

 源氏や平家に並ぶ「豊臣」の姓を賜り、権勢を誇っていた。

 秀吉は全国の大名に上洛(京へ行くこと)を求め、忠誠を誓わせようとする。

 多くの大名がこれに従う中、東国の有力者の対応は割れた。

 関東の北条氏政は上洛を拒否し、秀吉には従わない姿勢を見せる。

 真田昌幸は秀吉の真意を見極めるのが先決として、結論を先送りした。

 そして、上杉景勝は越後を守るため、上洛を決意する。

 その道中には、側近の直江兼続と信繁(+きり)が同行することとなった。


・信繁は景勝らに従って上洛、その後大坂城に入る。

 その間、多くの新たな出会いがあった。

 真田にそそのかされ、居場所を失くしたと嘆く数正。

 有能ながらも、人を不快にさせる何かを持つ石田三成。

 さらに、いきなり信繁に「好みの顔」と言い放った少女・茶々。

 そして、信繁と秀吉の初対面は、予想もしない形で始まった・・・。



というわけで、「大坂編」の初回はなかなか見応えがありました。

秀吉と諸国の大名・領主たちによる駆け引きもですが

登場人物がそれぞれ置かれた立場で思案や苦悩に揺れる姿も印象的でした。


重臣の裏切りという不測の事態により、恐怖におびえる家康。

「義」という理想を持ちながら、現実とのギャップに思い悩む景勝。

弟・信繁を高く評価する父に対し、悶々とした気持ちを抱く信幸。

慣れない子育てに追われ、身も心も疲れ果てたきり。

前回までに舞台から消えていった武田勝頼や滝川一益、室賀正武、そして梅も・・・。


戦国時代というと、凛々しい武将や華々しい合戦のイメージが先行しますが

実際はほとんどの人にとって先のことが見通せない混沌とした時代であり、

そこに生きていたのは『生身の人間』であったのだな、と思い知らされます。


後世の私たちは結末を(一応)知っているので、落ち着いて見ていられますが

「先が見えないからこそ、誰もが必死に生きている」

信繁が数正に言ったこのセリフは、当時を生きた人々の本音であり

現代にも通ずるものがある言葉なのかもしれません。


次回は、信繁と秀吉がどんな化学反応を見せるのかに注目ですね。

また、某戦国ゲームでは『同志』として描かれる信繁と兼続・三成の関係も気になります。

「見逃した」という方には再放送(土曜日 午後1時05分~)もあるので、ぜひぜひ。


それでは、また明日お会いしましょう。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)