FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第17話視聴。

こんばんは。

大河ドラマ「真田丸」 第17話「再会」のあらすじ


・秀吉が家康に真田討伐の許可を与えたことを知った信繁(幸村)は

 必死の思いで秀吉に撤回を訴えるが、取り合ってもらえない。

 それもそのはず、秀吉はわざわざ許可を乞うてきた家康の顔を立てたに過ぎず、

 その後すぐに上田侵攻の中止を命じて、家康の出方を見極めようとしていたのだ。

 このことは先に浜松へ送られた使者の片桐且元にも知らされておらず、

 家康にきつく問い詰められた且元が目を白黒させたのは言うまでもない。


・秀吉に誘われ、大坂城を訪れていた出雲御国の踊りを見ることになった信繁。

 その一座の中に、行方不明になった姉の松に似た顔の女性を見つけた信繁は動揺する。

 信繁はきりに事情を話し、『藤』と名乗るその女性が松であると確信した二人は

 阿国の許しを得て藤と話をするが、藤は「他人の空似」といって取り合わない。

 その顔立ちは間違いなく松だったが、どうやら記憶を失くしているらしかった。

 とはいえ本人が否定している以上、さらに追求することはできない二人だった。


・一方、どうしても家康を上洛させたい秀吉は、奇策にうって出る。

 家康にはすでに妹の旭(あさひ)を嫁がせていた秀吉だったが、

 それ以上の人質として、実母のなか(大政所)を送り込もうというのだ。

 妻である寧は反対したが、なかは「息子のためなら」とこれを承諾する。

 結局なかは浜松へ送られ、ついに家康も上洛せざるを得ない状況となった。

 家中では、なかを人質にするよう秀吉に勧め、冷徹に豊臣家の戦略を練る石田三成と

 「人の心が無い」と非難する加藤清正・福島正則が一触即発の雰囲気になったりもしていた。


・家康が大坂に着いた夜、秀吉が信繁のもとを訪れる。

 明日の会見に備えて、家康に会って話をつけておきたいという秀吉。

 両者の仲介という無茶ぶりに困惑する信繁だったが、秀吉の頼みでは断る訳にもいかず

 すぐに家康の宿舎に赴き、家康と秀吉を引き合わせることになる。

 従者に変装していた秀吉から「明日は皆の前で芝居を打ってほしい」と頼まれた家康は

 難色を示しながらも最後は折れ、表面上は秀吉に臣従を誓うことになった。

 これにより、真田家は最大の決断を迫られることになる・・・。



どうやら、真田と徳川のさらなる衝突は回避されたようです。

しかし、真田家にとってそれ以上にやっかいなのが秀吉との関係。


上杉も徳川も秀吉に降った今(おまけに北条ともにらみ合いが続いている)、

真田家が生き残るには、秀吉を敵に回さないことが第一だと思うのですが、

昌幸は織田信長が本能寺で倒れたことを未だに引きずっているようで、

権力を誇っている秀吉が足元をすくわれることを恐れ、上洛に踏み切れない様子。


その一方で「とことん値をつり上げて、真田の名を高く売りたい」とも語っており

真田の家を守るために最良の取引先とタイミングを計っているようにも見えます。

現代で言うなら、株やFXのトレーダーのような心境なのでしょうか。


そんな父を心配する信幸は、信繁に何度も手紙を送っていますが

実は信繁の手には届いておらず、三成がすべて握っていたようです。

信繁からの手紙も同様で、真田家の思惑は筒抜けになっていたのです。

「もっと物事の裏を読め。素直なだけでは駄目だ」と信繁に言い放った三成。


それでも、信繁が上杉景勝や家康、そして秀吉にも気に入られたことは認めているようで

「不思議な男よ。お主は何者なのだ?」と興味も持っている様子。

少し誇らしげな「真田安房守(昌幸)の次男坊です。」のセリフが印象的でした。


次回、ついに昌幸らが上洛し、大坂城に入るようですが

予告編を見ると、またひと波乱ありそうな予感がします・・・。

そして、松の記憶は戻るのでしょうか?

第18話「上洛(じょうらく)」にご期待ください。 ←お前はN●Kの回し者か。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)