FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】「戦国ファン」入門考。②


こんばんは。

カレンダー上は3連休の中日、5月4日のブログです。

今日は昨日に引き続き「戦国ファン」について考えます。

昨日の記事はこちら → リンク


さて、前回は「歴史」を学ぶ意味やこのブログの立ち位置について考えてみましたが、

今日は「実際に戦国時代のファンになるには何をする?」という話です。

趣味として何を始めるにしても、まずは興味を持たないことには楽しめないので

最初は手近なところで情報収集から始めるとよいと思います。


テレビ番組やネット動画、あるいはブログなどである程度の情報は集められるので

そこから興味や関心を持てる人物や出来事、お城などを見つけるのが第一歩でしょうか。

特に戦国武将は有名から無名まで大勢いますので、いろいろと探していけば

生き方や人柄に共感を持てる人物が、一人か二人は必ず見つかると思います。


「思い入れ」ができる対象が見つかったら、そこからは色んな方法があります。

とはいえ、いきなり「図書館で専門書を読み漁る」とかはハードルが高いので

ある程度楽しみながら続けられるであろう方法を4つほど挙げてみます。


① 城・史跡などを訪ねる

  利点:現地に行くことで、人物や場所への思い入れをより強められる

     土産や思い出(写真・ビデオ)など、行ったことを形に残せる

     旅好き・観光好きな人にとっては一挙両得

  難点:その土地について、事前にある程度の勉強は必要

     まとまった時間とお金が必要になる


② 時代小説を読む

  利点:お金をそれほどかけなくても楽しめる

     史実との整合性が比較的保証されている(完全なフィクションもあるけど・・・)

     ドラマ化・映画化される人気作品も多い

  難点:読書が続かない人には向かない

     読破するのにそれなりの時間と想像力が必要


③ マンガ・ゲームを楽しむ

  利点:予備知識がなくても楽しめる

     同じ作品のファンと意気投合しやすい

     人物への思い入れを高めることが容易

  難点:明らかに史実と異なる描写を含むことがある(武将の女性化など)

     いわゆる「オタク」に厳しい層からの受けが良くない


④ インターネット(ネットサーフィン)

  利点:情報量が豊富

     お金が基本かからない

     他者との意見交換が容易にできる

  難点:調べたいことを明確にしないと時間を浪費する

     情報精度のばらつきや極端な意見への慣れが必要


初心者向けで思いつくのは、こんなところでしょうか。

私の場合は「ゲーム → ゲームの攻略本 → 文庫本」という流れでしたね。

高校生だった頃に、スーパーファミコンの「信長の野望」に出会ったのが最初です。

ゲームショップの500円均一ワゴンセールで見つけたと思います(笑)

全国統一はできなかったですが(苦笑)、全国の大名の名前や領地はそこで覚えました。

「桃太郎電鉄」で全国の特産品を覚えるノリですね(古い例えですみません・・・)。


あと、私は始めから歴史好きだったかといえば、そうでもありません。

むしろ歴史の勉強は苦手で、センター試験は「地理」で受けたくらいなので・・・。

「戦国時代って面白い」と感じたのは、受験勉強から解放されて以降の話ですね。

歴史に関しては、参考書よりもゲームの攻略本から得た知識の方が確実に多いです(苦笑)。

今も実家の本棚に保管して、たまにブログのネタ探しに使っているのはご愛嬌。


というあたりで、今日はここまで。

明日はこのシリーズの最後として「私が思い入れのある戦国武将」を語ります(予定)。

もしよろしければ、明日もお付き合いくださいませ~。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)