FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第20話視聴。



こんばんは。

今日は残業で遅くなってしまいました。

月曜日恒例、大河ドラマ「真田丸」レビューのお時間です。

それでは早速、第20話「前兆」のあらすじを見ておきましょう。


・豊臣秀吉の側室となった茶々が、秀吉の子を懐妊した。

 喜びにひたる秀吉だったが、その直後に事件が起こる。

 城内の壁に秀吉を揶揄(やゆ)する落書きが見つかったのだ。

 特に「子どもの父親は秀吉ではない」という一文に激怒する秀吉。

 信繁(幸村)は、上司の平野長泰らと共に犯人捜しに乗り出すが・・・。


・一方、上田城には徳川家から本多忠勝の娘・稲が輿入れした。

 稲の夫となる信幸は、苦渋の表情で妻のこうに離縁を伝える。

 こうは静かに信幸の言葉を受け入れ、上田城から去っていった。

 だがその直後、二人は思わぬ形で再会を果たすことに・・・!


・信繁らの奔走もむなしく、落書きの犯人は一向に見つからない。

 怒りがおさまらない秀吉は、当時の門番を全員処刑したうえ

 疑わしい人物の縁者や近所の者まで処断するよう命じるという暴挙に出る。

 常軌を逸した仕打ちに石田三成も厳しく諌めるが、秀吉は聞く耳を持たない。

 そればかりか三成に切腹を命じようとする秀吉の暴走を止めたのは・・・!



今回はサスペンスに近い雰囲気というか、二転三転する展開に翻弄されてしまいました。

秀吉に対する落書きは、実際にも似たような事件があったらしいですが

昔も今も、権力者に対する疑惑や不満はつきものということでしょうか。


特に、秀吉とその正室・寧の間には実の子がいなかったことから

『秀吉はそういう体質 → 子どもの父親は別人』という噂も流れていたようで

それが今回の騒動をややこしくした、とも言われています。

現代だったら間違いなくワイドショーや週刊誌が大々的に報じるだろうな

寧のセリフにもあったように、秀吉自身も気にしていたのかもしれませんね・・・。


で、最終的にこの一件を解決したのも寧でした。

「秀吉は昔から怖い人だった」と言えるのも、長年付き添い苦楽を共にしてきたからこそ。

誰よりも秀吉の事を理解し、その扱い方(?)もわきまえた彼女の説教は効きました。

以前に秀吉が「寧は妻というより戦仲間みたいなもの」と言っていたのもうなづけます。

しかし、茶々が秀吉の子を産んだことでその感情はどうなっていくのか、気になりますね。


ちなみに、今回秀吉と茶々の間に生まれた「捨(すて)」という男児は「鶴松」とも呼ばれ、

後に秀吉の跡を継ぐことになる豊臣秀頼(ひでより)の兄にあたる存在です。

ただ、詳しくは今後のドラマの中で描かれると思いますが、彼はこの後・・・。

さらに、秀吉に実子が生まれたことで、後継者候補だった「あの人」にも悲劇が・・・。

それは次回以降のお楽しみということで。


あ、忘れるところだったけど(おい)おこうさん良かったね。

上田城を出るシーンでは「本当に今回で見納めか・・・」と思ったけど、見事に騙されました。

侍女という立場上、流石にこれまでのような「病弱キャラ」は影を潜めるかもしれませんが

曲者揃いの真田家の中で不思議と応援したくなる役どころなので、今後も楽しみです。

あと、今回も忠勝パパがかわいすぎた・・・。 変装しても昌幸にはしっかりバレてたし


さて次回は、豊臣家と北条家の関係が大きく変化しそうです。

もちろん真田家にとっても一大事といえる事態なので、見逃せませんね。

それでは第21話「戦端」でお会いしましょう。



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)