FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第21話視聴。

ちゃらちゃちゃちゃーん、ちゃちゃらちゃらちゃちゃちゃーん♪


こんばんは。

そろそろ大河ドラマ「真田丸」のオープニングテーマ曲が

ある程度口ずさめるようになりつつあるまこな。です。

ドラマも折り返し地点が近づき、盛り上がってきました。

昨日放送された第21話「戦端」のあらすじを見てみましょう。


・豊臣秀吉は、いっこうに上洛しない北条氏政に苛立っていた。

 千利休の進言もあり、関東征伐の支度を進めるよう石田三成らに命じる一方で

 茶々との間に生まれた初めての子・捨を溺愛する秀吉。
 
 そして、それを温かく見つめる秀吉の縁者たち。

 予断を許さない情勢の中でも、聚楽亭には一時の平穏が流れているようでもあった。


・一方、秀吉が北条討伐の意向を示したことを知った徳川家康は

 氏政に直接会って上洛するよう働きかけるが、氏政は首を縦に振らない。

 それどころか「北条はいつか秀吉を倒す」とまで言ってのける。

 そして、秀吉に対して上洛の見返りを突きつけるのだった。


・「真田から沼田を取り返してくれるなら、上洛しても良い。」

 氏政からの返答に怒りながらも、天下統一のために受諾しようとする秀吉。

 当然、これを知った真田信繁(幸村)は大いに困惑するが、

 戦を避けたい三成や大谷吉継にも促され、父・昌幸を京へ呼んで説得することになる。


・唐突な信繁の説得に、案の定「沼田は渡さん!」と激怒する昌幸。

 困り果てた信繁は、吉継の提案により氏政と昌幸で話し合う席を設けることにする。

 信繁は「これが新しい時代の戦」と昌幸を説き伏せ、どうにか承諾させた。

 ところが、当日の話し合いの席には氏政も、仲介役の家康の姿も無かった。

 「話が違う!」とへそを曲げた昌幸に代わり、信繁が話し合いの席につくことに。

 信繁は真田の命運を背負い、氏政の代理・板部岡江雪斎(いたべおか・こうせつさい)と対峙する・・・!



いやー、見事にいいところで終わってくれましたね。

これは次回も見ずにはいられない流れじゃないですか・・・!

噂によれば、信繁役の堺雅人さんが以前演じたドラマの役柄を彷彿とさせる演出になるとか。

「倍返しだ!」に続く名ゼリフが誕生するかもしれませんね(←作品が違うよ)。


あとは、このブログ恒例の『細かいところ』をチェック。


・秀吉に男子が生まれて、これまで後継者候補だった秀次は微妙な立場に。

 本人は謙遜していますが、周りの大人たちがそれを放っておくかどうか・・・?

・信繁と梅(故人)の娘・すえが成長していましたね。

 梅の兄・堀田作兵衛がすえに愛情を注ぐシーンは、微笑ましかったです。

 信繁も、いつか真田の郷に帰ってこられるといいけどなぁ・・・。

・侍女になったおこうさん、良い表情をしていましたね。

 「真田の跡取りの妻」としての重圧から解放されたからでしょうか。

 ただ、あの「病弱キャラ」も好きだったので少し複雑・・・。

 その分は「親バカキャラ」が定着した新しい妻の父親で楽しませてもらいます(←おい)。

・細かすぎるかもしれませんが、昌幸と薫の夫婦漫談(?)も健在でした。

 この夫婦(特に薫)にとって「人質」という言葉はNGワードなんです。

 以前には、昌幸が「アレ(人質)を出す」と言っただけで薫が拒否反応を示すシーンも。

 でも、秀吉に「アレを出す」ことは避けられそうにない状況ですが・・・薫の運命やいかに。


というあたりで今回のレビューはおしまい。

主要な人物だけでなく、脇を固める人物にもそれぞれ味があって面白い「真田丸」です。

個人的には、渋い魅力を放つ出浦(いでうら)さんの活躍(暗躍?)にも期待したいです。

それではお読みいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)