FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】もう、やめようかな。

ブログを。

仕事を。

いっそ、人生も。

そんな風に思えた、今朝の目覚め。

何で自分がここまで追い詰められなければいけないのか。

そんな想いを抱え、這うような気持ちで職場へ向かう。

もちろん仕事に身は入らず、機械のように案件をこなすのみ。

こんな人生に、何かの意味があるとは思えなくなってきていた。


ここまで自分で自分を追い込んでしまうのは何故だろう?

悪い所は直せばいいのに、自己否定に走ってしまうのは何故だろう?

メンタルを病んでいる影響もあるだろうが、それだけが原因なのか?

そう考えたら、最初に挙げたものを辞める前にできることはありそうだ。


他人の仕事や他所のブログと比べて、自分を卑下するのをやめる。

人の意見や反論を恐れて本音を隠し、本意ではない自分を演じるのをやめる。

親の期待と淡い望みだけで受け続けている、教員採用試験への執着をやめる。
(教育の現場で数年間働いてみて、自分に能力と適性が無いのは痛感している)


そう考えたら、少しだけ前向きに生きられそうな気がしてきた。

ギブアップする前に、背負いすぎた荷物を下ろす。 少しは効果がありそうだ。

昨日の記事に激励のコメントも頂いた。 自分は一人ではない。 それが身にしみた。


とりあえず、今週末の試験は悔いのないように受けてくるつもり。

ブログの投稿が遅れるかもしれないが、どうにか乗り切りたい。


にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
長文注意です。
今晩は、香林糖饅頭です。
試験が終わるまで、コメントは差し控えるつもりでしたが、余計なお節介させてください。

私も
「富士の樹海や東尋坊に行ったら、楽になるだろうな」
と思うときがあります。
でも、実行力がないので実行出来ないのです。
実行したら、それはそれで大変ですけどね。

人生の意味ですか…。
私も、見いだせてないです。
本当に、ただ惰性で毎日を過ごしているような感じです。
惰性を変えたくて、ブログを始めたというのもありますね。
結果は、惰性のままですが。
でも、始めた結果、まこな。さんを始め、様々な方の様々な考えを知ることが出来、視野が少しは広がった気がします。
しかし、それでも、私の文章力や構成力は上がらず、長文が書けて、構成力が「ある方」を見ると、本当に羨ましいと思っちゃいます。
「ある方」には、まこな。さんも勝手に加えているので、悪く思わないで下さい。

「人生は重き荷を背負うが如し」
なんて、徳川家康は言ってますが、真面目に重かったら、一先ず下ろして、深呼吸しますね、私でしたら。
そして、背負いなおすか、一緒に背負ってくれる人を呼ぶか、いっそのこと、荷物を分割しなおすかと考えてみますね。
分割して、コツコツと何度も運びなおせば、いつかは荷物もなくなるだろうなと思います。

何か、訳の分からない事を喚いていて、申し訳ございません。
長文、本当に失礼しました。
2016/07/14(木) 21:27:24 | URL | by香林糖饅頭 (#-) [ 編集]
Re: 長文注意です。
香林糖饅頭 さん
コメントありがとうございます。

> 私も
> 「富士の樹海や東尋坊に行ったら、楽になるだろうな」
> と思うときがあります。
> でも、実行力がないので実行出来ないのです。

そうですか・・・互いにつらいところですね。
「人生終わりにしたい」はうつの症状による面が大きいらしいので
気の持ちようとかではなく、正しい対処が必要ですから。
私も薬と通院を続けながら、何とか踏ん張っています。

> 人生の意味ですか…。
> 私も、見いだせてないです。
> 本当に、ただ惰性で毎日を過ごしているような感じです。
> 惰性を変えたくて、ブログを始めたというのもありますね。
> 結果は、惰性のままですが。
> でも、始めた結果、まこな。さんを始め、様々な方の様々な考えを知ることが出来、視野が少しは広がった気がします。
> しかし、それでも、私の文章力や構成力は上がらず、長文が書けて、構成力が「ある方」を見ると、本当に羨ましいと思っちゃいます。
> 「ある方」には、まこな。さんも勝手に加えているので、悪く思わないで下さい。
「文章力や構成力がある」とは、自分では思っていないのですが(汗)
私より優れた文章を書くブロガーさんは、本当に山ほど存在してますし。
それでも、他の方からそう言われると、嬉しいのは確かです。ありがとうございます。

香林糖饅頭さんも、「惰性」とおっしゃいながらも
毎日ブログを更新しておられる。それはそれで意味のあることだと思います。
私も「今日は何を書いているかな?」という気持ちでブログを見る楽しみがあります。

だからと言って、自分が辛い状態なのに無理して更新する必要は無いと思うんです。
偉そうに言ってますが、これを聞き入れるのは非常に難しいことなんですよね。
私自身も「ブログは毎日更新するべき」という執念?に取りつかれているのかもしれません。
もっと自由に、楽しくブログを書ける精神状態になれると良いのですが・・・

> 「人生は重き荷を背負うが如し」
> なんて、徳川家康は言ってますが、真面目に重かったら、一先ず下ろして、深呼吸しますね、私でしたら。
> そして、背負いなおすか、一緒に背負ってくれる人を呼ぶか、いっそのこと、荷物を分割しなおすかと考えてみますね。
> 分割して、コツコツと何度も運びなおせば、いつかは荷物もなくなるだろうなと思います。

家康といえば「ホトトギスが鳴かない時は鳴くまで待つ」人ですから
「辛くても我慢していれば、いつかいい事あるよ」という人生訓が多いですね。
ただ、現代社会はこれを極める前にメンタルをやられる人が多かったりする。

家康本人にしても「もし信長が本能寺で討ち取られなかったら?」とか
「秀吉の跡継ぎがもっと早く決まっていたら?」と考えると、
一足違いで「我慢するだけの人生」で終わっていたかもしれないんですよね。
偉人だから成功したのではなく、成功したから偉人になる。歴史ってそんなものなのでしょう。

「我慢や努力次第で、人生は必ず良くなる」と信じることも必要かもしれませんが
「我慢するだけが美徳ではない、より良く生きるためには工夫が必要」ということは、
変化の激しい現代を生き抜くために、知っておくべきかもしれない。
「あらゆる手段を使って、鳴かせてみせる」という秀吉的な考え方のほうが、
今の時代には求められているのかもしれませんね。

> 何か、訳の分からない事を喚いていて、申し訳ございません。
> 長文、本当に失礼しました。
いえいえ、こうして気にかけて下さることは本当にありがたいです。
私も、普段の記事以上に想いを込めてお返事させて頂きました。
今後も思ったことがありましたら、どんどんコメント頂けると嬉しいです。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
2016/07/15(金) 19:59:50 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)