FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第31話視聴。

どーも、おまっとさんでした(←古い?)。

およそ2週間ぶりに、大河ドラマ「真田丸」の話題です。

ひとり甲子園応援ツアーのため、初めてリアルタイムで見られなかった第31話「終焉(しゅうえん)」

実家で録画したものを土曜日に見ることができたので、遅ればせながらレビューです。

農民の身分から天下統一を果たし、地位と権力を極めた豊臣秀吉の最期が描かれました。


・伏見城で寝たきりの状態になった秀吉を介護(?)する信繁(幸村)。

 たまに目を覚ましては、うわごとのように「秀頼のことを頼む」と繰り返す。

 信繁と会った頃はあれだけ活き活きとしていたのに、今の姿は正直見てられない・・・。

 
・豊臣家の内部では、秀吉亡き後を見据えた政治の進め方も決まろうとしていた。

 徳川・上杉・毛利ら各地の有力大名を老衆(おとなしゅう、いわゆる「五大老」)に任じ

 石田三成をはじめとする奉行との合議で政治を動かす、という内容であったが

 政治の主導権を握りたい家康と、奉行や諸大名の力でそれを阻止したい三成との駆け引きが始まる。

 一方、その奉行職を辞退した大谷吉継の病の具合はかなり良くない様子・・・。

 「どうか力を貸してくれ」と信繁・吉継に頭を下げる三成、これも関ヶ原への伏線か。


・寝室に信長の鎧を持ち込み、秀吉に「(自分に有利な)遺言状を書け」とプレッシャーをかける家康。

 この前後のシーンだけ見てたら、本多正信が完全な悪役に見えるじゃないか。

 それを見ていて何もできず、三成からも責められる片桐先生は今日も胃が痛い。

 三成は起死回生を狙い、秀吉を叱咤(!)しながら遺言状に一文を書き足させる。

 一度『こうする』と決めたら周りが見えない。それは三成の良さでもあり、弱点だったのかもしれない。 

 「最期くらいゆっくり休ませて」と声を荒げた寧は、『その時』を受け入れる覚悟ができていたのだろう。


・秀吉が危篤状態に陥ったと聞いて、ようやく秀頼を会わせることにした茶々。

 三成は井戸の脇で再び冷水をかぶり、一心に回復を祈る。

 自分から進んで秀吉に歩み寄り、「父上」と声をかける秀頼。

 意識が混濁した秀吉が見た血まみれの幼子は、いったい誰?

※情報によると、信長の命で秀吉が処刑した万福丸(浅井長政の遺児で茶々の兄)だとか。

 青ざめた顔で跳ね起きた秀吉は三成を呼び「家康を殺せ」と・・・そして真田にその役目が。

 信繁も秀吉から「三成を頼む」と懇願され、もう後には引けない。


・「もし家康が明日死んでいても、真田は知らぬ」久々に出た、昌幸の策士顔。

 縁側で孫に『腹黒い桃太郎』を聞かせる姿より、こっちの方が見たかった。

 「家康がいなくなれば、天下は荒れる・・・」出浦様も当然乗り気で、作戦開始。

 ターゲットのいる徳川屋敷では、信幸が隠し子の件を家康に打ち明けようとしていたが

 あろうことか物音に気づいた信幸が家康に助け舟を・・・これは屋根裏に潜む出浦様も想定外。

 忠勝に背後から斬られて深手を負い、命からがら昌幸の元へ帰った出浦様の生死は!?

 (これ書いている時点で次の回も見てるから知ってるけど、あえて書かない)

 ここでも「信幸は徳川寄りの立場」という描写が為され、これが関ヶ原へとつながっていく。



あとは恒例の小ネタを2つほど。

・戦では鬼のように強くても、孫の前ではデレデレの忠勝パパ。

 必死に笑顔を作るものの、顔の作りが怖いためか孫に泣かれてしまうのが切ない。

 この忠勝を演じる『藤岡弘、』さんの母校は、愛媛県の松山聖陵高校。

 今年、夏の甲子園に初出場を果たした学校です。惜しくも初勝利はなりませんでしたが・・・


・秀吉の見舞いに来た小早川秀秋が、枕元のろうそくを吹き消してしまうシーン。

 これって「三国志」の諸葛孔明が自身の延命を祈祷していた時に

 配下の武将がろうそくを消してしまった逸話が元ネタかな?と思った私。

 歴史好きで有名な三谷さんだけに、あり得る気がしますが・・・誰か仲間はいませんか?

 

ともあれ・・・秀吉は一人寂しく死んだ。有働アナのナレーションとともに。

明日は引き続き、第32話「応酬」のレビューをお送りします。 お楽しみに。



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)