FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第33話視聴。

こんばんは。

先週は何かとばたついた「真田丸」レビューですが、今週から通常営業に戻ります。

第33話「動乱」では、対立する徳川家康と石田三成をめぐる人間関係が描かれました。

政治的な思惑に個人の感情、そして秀吉亡き後の天下のあるべき姿・・・。

やがて起こる「関ヶ原の戦い」につながるであろう要素が盛り込まれていました。

それでは、今日はあらすじから。


・1599(慶長4)年1月。

 かねてより家康の勝手な行動に不満を募らせていた三成は、

 伏見の徳川屋敷へ襲撃をかけることを近しい者たちに告げる。

 しかし、その情報はすぐに家康本人に知られてしまった。

 家康は本多正信の進言を容れ、諸大名に屋敷の警護を依頼する。

 誰が自分に味方してくれるのか、見極めたいという思いもあったのだろう。


・作戦決行の日、三成の元に集まったのは、主な大名では宇喜多秀家と小早川秀秋。

 他に石田家の重臣・島左近と、真田信繁(幸村)など近しいもののみ。

 一方の徳川屋敷には徳川家臣に加えて多くの大名の軍勢が詰めかけ、

 その中には福島正則や加藤清正、伊達政宗、そして真田信幸らの姿もあった。


・三成は毛利・前田・上杉など他の老衆にも呼びかけたが、色よい返事は得られず。

 直接説得した細川忠興や頼みにしていた大谷吉継までも徳川邸へ行き、進退窮まる三成。

 信繁は三成の心変わりを促すべく、父・昌幸に徳川邸へ入ってもらうよう説得。

 そんな信繁や秀家の制止にも耳を貸さず、討ち死に覚悟で出陣しようとする三成を

 ぎりぎりの所で思いとどまらせたのは、意外な人物の一言だった・・・!



今回の一件は、史実と異なる描写もあったようですが(ドラマだからね)

三成がどんどん孤立していく姿が、見ていて何とも切なかったですね。

なぜ三成は、ここまで家康を憎まなければならなかったのでしょうか。

私が思うに、三成の役目は秀吉の死とともに終わってしまったのではないか、と。


石田三成は近江(滋賀県)の出身で、織田信長が健在だった頃の地元の領主だった羽柴秀吉に

その才を見いだされ(「三杯の茶」の逸話が有名です)、側に仕えることになりました。

本能寺で信長が倒れ、秀吉がその後継者として天下統一を目指す過程では

全国的な検地の実施や合戦での兵糧管理など、内政面でその才能を発揮。

天下統一後の豊臣政権下でも、政治実務の責任者として振る舞ってきた経緯があります。


そうした自負がある三成は「自分にも他人にも厳しい」性格であったように思います。

豊臣家の、何より秀吉の天下が続いていくために、全力を尽くすべきだ。

また、他の家臣や大名たちも「当然」同じように考え、行動するべきだ。


三成が持つ他人を寄せ付けない雰囲気からは、そんな強い想いが感じられます。


しかし、人の思考や時代の流れは、そんなに単純なものではありません。

前回も触れたとおり、この頃の家康は表向きは豊臣家の配下とはいえ

領地の石高は260万石を数え、秀吉が世を去った今では最大の実力者です。

なにより彼もまた信長や秀吉、武田信玄らとしのぎを削った戦国大名の一人であり、

自分が天下を統べる道筋が見えた今、行動を起こすに至ったというだけのこと。

家康と親交を深めようとする武将たちも、それぞれの嗅覚でそれを察知していたのでしょう。

「秀吉が築いた天下」しか知らない三成には、そこが理解できなかったのかもしれません。

(秀吉の弟・秀長あたりが生きていたら、また展開は違ったかもしれませんが・・・)


結局、襲撃は中止となり、諸将から批判と嘲笑を浴びることになる三成。

それでも、三成は全てを失ったわけではありません。

自身の石高の半分を与えて登用した重臣・島左近がいます。

病をおして徳川邸へ足を運び、家康に「勘違いするな」と釘を刺した大谷吉継がいます。

同じく徳川邸で存在感を示し、何かを企んでいる様子の真田昌幸がいます。

信繁の説得もあってか、土壇場で三成の気持ちを汲んでくれた上杉景勝・直江兼続もいます。


関ヶ原の合戦まで、あと1年半余り。

次回「挙兵」では、ついに彼らが家康に挑戦状をたたきつけるのでしょうか。


「以上、今回のレビューでござった。伊達越前守政宗!(←それが言いたいだけかーい!)



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)