FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第35話視聴。

こんばんは。

いやー、昨日の「真田丸」は見どころが多くて大変でした。

「犬伏」のサブタイトル通り、真田家にとって有名なエピソードである

「犬伏の別れ」を情感たっぷりに描き出してくれましたし、

石田三成を叱咤しつつ、病をおして力を貸した大谷吉継の姿にもしびれました。

「勝てるかどうかではない、勝つと思わねばダメだ」名言、頂きました


歴史を題材にしたドラマですから、見ている側は結末を知っているのですけど

当時を生きた本人たちがどのような気持ちでこの局面を見据えていたのか、

想いを馳せながら視聴した方も多かったのではないでしょうか。


では、簡単にあらすじを紹介しましょう。


・徳川家康は、会津の上杉景勝を討伐すべく、兵を挙げた。

 上杉から共闘を持ちかけられた真田昌幸は、表向きは徳川軍に従軍しながら

 機を見て上杉方に寝返り、あわよくば家康の首を取る・・・という算段だった。


・一方、家康が江戸に入った事を知った石田三成は大谷吉継を訪ね

 今こそ家康打倒の好機と訴えるが、吉継はすぐには返事をしない。

 夜半、二人きりの部屋で三成の覚悟を確かめた吉継は、ついに協力を約束。

 夜通しで諸大名への書状を準備し、大坂城にて挙兵する手はずが整った。


・三成は、伏見城に諸大名の妻子を人質にとる作戦に出る。

 このうちの一人、細川忠興の妻・玉(ガラシャ)は人質になることを良しとせず、

 助けに来たきりの制止を振り切って、自ら命を絶つ道を選ぶ。

 (キリシタンは自害できないため、家臣に槍で胸を突かせたという)

 「人質に危害を加えた」という評判が立つことは、三成には誤算であった。


・こうして昌幸の思惑は外れ、事態は大きくなりすぎてしまった。

 家康と三成、どちらの軍勢に味方するかで真田の命運は大きく分かれる。

 下野(しもつけ、栃木県)犬伏の地で、父子3人は決断を迫られる。

 もう一度乱世に戻ることを、そして戦国大名として一旗揚げることを心のどこかで望む昌幸。

 大坂の地で長年過ごし、豊臣家のために戦う三成を助けたいと主張する信繁(幸村)。

 そして「二人は豊臣につけ。自分は徳川に残る」と声高に宣言した信幸。

 その言葉には、真田の家を残そうとする信幸の信念と覚悟が詰まっていた・・・。



真田の家を残すために、3人は別々の道を行くことになりました。

この選択について、うちの父は常々「さすが、真田は賢い!」と絶賛しているのですが

実はこれは真田家だけではなく、多くの大名家で採用された「生き残り策」なんですよね・・・。

現代の感覚で言えば「分散投資」「卵は1つのカゴに盛るな」みたいなことかな? 

真田家の場合は後の運命(特に幸村)が劇的だったため、この逸話も有名になったという話で。

で、本来の目的を達成した信幸(信之)の方は影が薄いという皮肉・・・。


しかし、あの”戦国最強の義理の父(笑)”におびえていた信幸の面影はどこへやら。

「もし徳川が勝てば、どんな手を使っても二人を助けるから」というセリフには

自分は真田の人間であって、家康の家来になるのではない、という気概に満ちあふれていた気がします。

真田家の将来を託すに足る武将に育って、昌幸パパは嬉しくもあり、さびしくもあり。

そして、父とともに上田城へ帰る信繁には、再び3人で語り合う日が来るのだろうか?


何度も言うようですが、すでに私たちは歴史という形で結末を知っています。

大河ドラマという性質上、史実が覆されることはないことも分かっています。

それでも、何かが起こると期待してしまう。それがこのドラマの凄みかもしれません。

次回、いよいよ関ヶ原。そして、第二次上田合戦。


「勝負」の時が、迫る。



にほんブログ村






コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)