FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第40話視聴。

こんばんは。

昨日はいろいろあって、更新できませんでした。

大河ドラマ「真田丸」も、いよいよ最終章「大坂の陣」パートに突入です。

第40話のタイトルは「幸村」ということで、早速あらすじを。


・ある夜、闇に紛れて九度山の真田邸に現れたのは

 関ヶ原で敗れた元宇喜多家臣・明石全登(あかしてるずみ)と

 信繁とも面識の深い豊臣家臣・片桐且元の2人だった。

 2人は、徳川と豊臣の間で決戦が始まることを察し

 信繁に豊臣軍の一員として戦ってくれるよう頼みに来たのだ。


・且元は、信繁に昌幸死後の政局の動きを隠さず話した。

 豊臣家が修復した方広寺大仏殿の鐘に刻む文章を巡り、

 徳川家康から言いがかりともとれる抗議があったこと。

 且元は弁明の使者として駿府へ向かったが、不首尾に終わったこと。

 家康の怒りを抑えるため、且元が独断で講和の条件をつけてしまったこと。

 それにより「且元は家康と通じている」と、豊臣家中で決めつけられ

 半ば追い出されるように大坂城を出奔したこと・・・。


・このまま徳川と戦になれば、豊臣は間違いなく滅びる。

 力を貸してほしいと懇願する且元や全登だが、信繁は首を縦に振らない。

 自分はまだ罪人であり、しかも今の暮らしには満足している。

 このまま九度山で一生を終えるのも悪くない、と考えていたのだ。

 そんな信繁に、きりは九度山で思ってきたことを正直にぶつけた。

 「貴方は、まだ何ひとつ成し遂げていない。

  上田や大坂にいた頃の貴方は、どこへ行ったの?」と。

 同時に、信繁の脳裏を駆け抜けてゆく忘れ難い出会いと別れ、そして言葉たち。

 そうだ、もう自分のためだけに生きる時ではない。信繁の腹は決まった。


・翌日、信繁はある作業にとりかかった。

 息子の大助にも手伝わせ、漢字を書いた紙を切り、壺に入れる。

 父から頼まれ、また兄が手放した「幸」の字を使った名前を決める儀式である。

 大助が壺に手を入れ、つかみとった一枚の紙に書かれていた文字は・・・!



では、続いて感想と解説を。

前半は、片桐先生の受難がこれでもかと描かれました。

見ているこっちも、胃が痛くなりそうでしたよ(苦笑)

ちなみに、片桐先生は実家で一緒にドラマを見ていた私の父に

「こいつは土壇場で豊臣を見捨てた、とんでもない裏切り者だ」

とバッサリ切り捨てられていました。 悲しい・・・

(でも「ナレ死」ではなかったから、まだ出番はあるのかな?)


ところで「家康が大仏殿の鐘の文章に抗議した」というのはよく知られた話で

家康の存命中に豊臣家を滅ぼすため、戦の口実を作りたかったから、とされています。

また、家康が豊臣家に突き付けた(とされる)和睦の条件というのが

① 秀頼は大坂城を明け渡し、他所の領地へ移ること

② 秀頼は他の大名と同じく、江戸へ参勤すること

③ 茶々(淀殿)を人質として江戸に送ること
  の3つでした。

ドラマでは、且元が思いつきで提案したことになっていましたが、

豊臣家を完全に徳川家の臣下扱いにしたこの条件は

秀頼や茶々にとって屈辱以外の何物でもなく、当然のように却下されます。


これも、家康からしたら狙い通りだったのかもしれません。

何しろ、豊臣家には「天下を統一した家」というプライドがあります。

これまで「他者に頭を下げる」ことを知らない、ましてや

「徳川はいつまでも豊臣の臣下である」と思い込んでいる首脳陣であることを、

家康はとっくの昔に見抜いていたのでしょう。


そして「もはや豊臣家には人材がいなかった」というのもうかがえます。

石田三成や大谷吉継、加藤清正など豊臣家を支えた有能な武将は世を去り

意思決定に関わるのは若い当主とその母親、そしてその取り巻きばかり。

戦乱の時代を知らずにきた若者や女性が、百戦錬磨の家康に手玉にとられるのは

秀頼個人の資質どうこうで解決できる訳もなく、当然だったのかもしれません。

(茶々も戦乱の荒波に揉まれた人ですが、今は母親の情が先にきてしまうようで・・・)

「どんなに堅い城も、人心が乱れれば簡単に落ちる」という格言もあります。

攻城戦が苦手だったという家康は、「人心を乱す」という下準備を怠らなかったのです。



話は変わって、これまで自分が生きてきた道を振り返り

豊臣家のために起つことを決意した信繁は、自分の新しい名前を考えます。

大助に引かせたくじに書かれていたのは、「村」の文字。

信繁は、自分が思い入れのある言葉を選んでくじを作ったのですが

「九度山村」の「村」まで入っているとは、本人も思わなかったようです。

ともあれ、先祖代々の「幸」の字と合わせ、後に伝説の武将と語られる

「真田幸村」の名が誕生しました。


・・・と、盛りあがりに水をぶっかけるようで恐縮ですが

言うまでもなくこの描写は、ドラマのオリジナルストーリー。

このブログでも前に書いたかもしれませんが(あくまで通説です)

「真田幸村」の名前は江戸時代に創作された軍記物語で使われたのが初出であり

信繁が存命中に自分で「幸村」と名乗った、という確実な証拠はありません。


また「幸」の字はドラマの描写通り、真田家代々の一文字で間違いないのですが

「村」という字の由来には諸説ありまして、はっきりしていません。

有名な説の一つに「村正(むらまさ)」という刀を由来とするものがあります。


この「村正」と名付けられた刀は、徳川家にとって因縁が深く

家康の祖父・松平清康(きよやす)と父・松平広忠(ひろただ)は

どちらも家臣に暗殺されていますが、その時に使われた刀がともに「村正」。

さらに、家康が織田信長の命令で自分の長男・信康を切腹させた時に

介錯(かいしゃく、切腹の際に首を切り落とすこと)に使われたのも「村正」であり

江戸時代には「村正=徳川家に不幸をもたらす刀」として知られていたといいます。

これを、信繁が大坂の陣で家康を追いつめたことと結びつけて

後世の人が「幸村」という名前を思いついたのではないか、と言われているのです。


こういう逸話は、どこまでが事実でどこからか脚色なのか分からなかったり

そもそも史料や書物の内容とつじつまが合わない話も多かったりして、

真実を見つけようとする歴史好きの人には、語るのをためらってしまう面もあります。

それでも、このブログの作者は、歴史にはあまり興味がないという人にも

「歴史って面白そう」とか「ためになる」と思って読んでもらえるのが嬉しいので

こういう話題も適度に紹介していけたらいいなぁ、と思っているのです。


今日はちょっと長くなりすぎましたね、すみません。

昨日休んだ分気合いを入れて書きました、ということでひとつ。

では、また次回の第41話「入城」で。



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)