FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【旅日記】長野旅・1話「出発」

こんばんは。

今日から、本格的に旅日記を書きます。

昨日紹介した写真も、おいおい出てきますのでお楽しみに。

なお、毎回のタイトルは「真田丸」を意識して漢字二文字に統一(笑)

第1話はもちろん「出発」となります。


10月19日水曜日、午前6時。

夜もまだ明けきらぬ鳥取県西部、米子市の空。

20161027201245060.jpg

睡眠もしっかりとって、軽い朝食の後に荷物を車に積み込みます。

ガソリンも満タンにしてあります。 準備は万端でした。

20161027201252366.jpg

走行距離を分かりやすくするため、車のメーターもリセット。

5日間でどのくらい走ることになるのか、自分でも楽しみでした。

米子から直接高速道路に乗る方法もあったのですが、

少しでも高速料金を節約するため(苦笑)、鳥取市まで9号線を使いました。

鳥取からは、中国自動車道に接続する無料の自動車専用道路もあります。

米子からおよそ2時間、最初の休憩のため立ち寄ったのがこちら。

20161027201255725.jpg

道の駅「清流茶屋 かわはら」。

自動車専用道路から降りたすぐのところにあり、コンビニも併設されています。

あと、近くの山にはお城も建っていました。

20161027201301555.jpg

トイレも済ましてリフレッシュしたところで、運転再開。

鳥取市から南東へ進み、兵庫県の佐用ジャンクションから中国道へ。

後続車にどんどん抜かされながら(苦笑)、東へと走ります。

そして、次に立ち寄ったのは。

20161027201306586.jpg

中国自動車道・加西(かさい)サービスエリア。

今年5月に、別のサービスエリアに行ったこともブログに書きましたが

やはり高速道路の楽しみといえば、サービスエリアやパーキングエリアですよね。

まだ午前中ですが、ついつい買い物や軽食コーナーに足が向いてしまいます。

とはいえ、まだ旅は序盤なのでほどほどに。

20161027201311885.jpg

ちなみに、加西サービスエリアにあったレストランの店名は「官兵衛」。

例のドラマでは名字を「ナントカ」って言われましたけど、皆さんはご存じですよね?

やはり、その土地ゆかりの戦国武将はセールスポイントになるんですねー。

私の地元には全国的に有名な武将がいないので、少しうらやましいです。


というあたりで、今日はここまで。

次回、第2話「快走」をお楽しみに。



にほんブログ村






コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
こんばんは。いつもお世話になっております。

そうよね、滋賀で素通りはないわよね、っと前記事で笑いましたよ。あそこの三成ですね。観光する余裕があって何よりです。あえて滋賀泊かしら?

どうしてかわはらで早々と休憩なのかな?と思ってましたが、鳥取県を横断だったんですね。お疲れさまです。

官兵衛の頃はあちこちにかんべーくんがいたものです。ずいぶん昔に感じます。
2016/10/27(木) 21:50:04 | URL | byつねまる (#pjmS0te2) [ 編集]
こんばんは。

私も同じ山陰勢のため、
同じルートで大阪へ向かう事が多いため
そうそう、ココと思いながら読ませた
貰いました。

続きが楽しみです。
2016/10/27(木) 23:08:02 | URL | by六男 (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
つねまる さん
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

> そうよね、滋賀で素通りはないわよね、っと前記事で笑いましたよ。あそこの三成ですね。観光する余裕があって何よりです。あえて滋賀泊かしら?
今日書く予定の記事でそのいきさつは明かしますが、
滋賀に泊まるのは、当初の予定に無かったんです。
帰る途中どこかで1泊できればいいかな、くらいな感じで。
結果として、いろいろ寄り道できたのは良かったです。

> どうしてかわはらで早々と休憩なのかな?と思ってましたが、鳥取県を横断だったんですね。お疲れさまです。
米子からも中国道へつながる高速道路が出ているのですが、
片側1車線の区間が多くて、後続車がプレッシャーになるかな、と。
休憩が多めなのは、ロングドライブの経験がないからですね。
あとは、こまめにトイレに行かないと不安になるので(苦笑)
帰りも9号線を使う予定だったのですが、あんな事になったので・・・

> 官兵衛の頃はあちこちにかんべーくんがいたものです。ずいぶん昔に感じます。
大河ドラマは1年間放送している割に、終わるとすぐ忘れられてしまいますね。
官兵衛もほんの2年前の作品ですが、覚えている人がどれだけいるのか・・・
それでもご当地は放映前から盛り上がるので、影響力は大きいです。
官兵衛にも出てきた「『山中鹿介』を大河ドラマに!」というラッピングバスが
尼子氏の地元・安来市内を走っていますが、まぁ無理だろうな・・・(苦笑)

ということで、今後ともよろしくお願いいたします。
2016/11/03(木) 13:48:06 | URL | byまこな。 (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)