FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【旅日記】長野旅・13話「決闘」

こんばんは。

日に日に朝晩の寒さが厳しくなっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

ダラダラと書きつづってきた旅日記も、今日から4日目。

長野での日程を終え、鳥取への帰路につくことになりました。


もちろん、この前日に起こった大きな地震に対する

不安は抱えたままですが、こんな旅は一生に何度もできないので

土日をたっぷり使って、途中で寄り道をしながら帰ることにしました。

とりあえず、予約したホテルのある滋賀県彦根市を目指します。


3泊したホテルをチェックアウトし、長野市の中心部から車で15分。

長野観光の最後に選んだのは、やはりこの場所でした。

20161111192437159.jpg

歴史ファンでなくても、知っている方も多いでしょう。

戦国時代を代表する有力大名・武田信玄と上杉謙信(※)。

この両者が5度にわたってしのぎを削った、川中島の戦い。

その最激戦となった4回目戦いの主戦場・八幡原(はちまんばら)です。

現在、この一帯は公園になっています。

(※)4回目の戦いの頃は、上杉政虎と名乗っていた。


20161111192411033.jpg

大河ドラマ「真田丸」では触れられていませんが、

真田信繁(幸村)の祖父・真田幸隆(幸綱・一徳斎)も参戦したといわれていて

真田と武田のつながりを紹介する催しも開かれていたようです。


20161111192418722.jpg

公園の一角にある、八幡神社。

このあたりが、伝説に残る「一騎討ち」の舞台だったとされています。

20161111192425053.jpg

よく見ると、諏訪大社と同じ「タケミナカタ」神をまつっているようです。

上杉謙信が「軍神」の異名を持つ「毘沙門天」を深く信仰していたのはよく知られていますが、

信玄ら武田家にとっての「軍神」は、諏訪の神だったということでしょうか。


20161111192430776.jpg

1561年に行われた4度目の川中島の戦いの流れについては

以前のブログでも紹介したとおりですが、後世の創作である可能性もあるんですよね。

ただ、両軍ともに大きな被害を出したのは確かなようです。

謙信が単騎で武田軍の本陣に斬り込み、信玄がその太刀を軍配で防ぐ・・・

本当だったら、まるでバトルマンガの一場面のようですね(苦笑)

20161111192443620.jpg
「信濃を荒らす不埒者め! 毘沙門天の名のもとに、貴様を成敗いたす!」

20161111192450025.jpg
「笑止! お主のごとき若輩者に討てるほど、この信玄の首は安くないぞ?」

やはり、この2人が並ぶと絵になるというか、

江戸時代の人がいろいろ想像したくなるのも分かる気がしますね(笑)

写真やテレビでしか見たことのなかった場所に立てて、満足なのでした。


おまけ。
20161111192457864.jpg

この日は霧が出ていなかったですけど、お約束。(トイレです)

次回は14話「信州」ということで、長野編のラストになります。

お楽しみにー。



にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)