FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第46話視聴。

こんばんは。

大河ドラマ「真田丸」も、あと5話となりました。

巷では流行語大賞の候補が発表される時期になりました。

残念ながら、我らが(?)「黙れ小わっぱ!」はノミネートを逃しましたが

ファンの間では盛り上がっているので、良しとしましょうか。

それでは、第46話「砲弾」のあらすじです。

・『真田丸』の攻防で徳川軍を大いに打ち破った真田幸村(信繁)は、

追撃にはやる豊臣秀頼を落ち着かせ、豊臣軍勝利への策を説く。

同時に、母親の茶々や周囲の取り巻きに容易く左右される秀頼に

大坂城の主として、威厳と自信を持つよう諭すのだった。

・一方、苦汁をなめた家康は正攻法で被害が拡大するのを危惧し

調略を用いて大坂城の士気を切り崩す作戦に切り替える。

幸村の叔父・信☆(☆は伊のつくりの部分)を探しだして交渉に向かわせるなど

あの手この手で揺さぶりをかけるが、幸村はその都度冷静に対処する。

・その頃、江戸にいた信之は思いもよらぬ行動に出ていた。

元豊臣家臣の平野長泰とともに、大坂城に兵糧を差し入れようというのだ。

妻の稲とともに信之を止めようとしたのは、 長らく臥せっていたあの男だった。

・にらみ合いが続く中、大坂城に突如として「和議」の提案が持ち上がる。

その仕掛け人は、裏で家康と通じていた織田有楽斎だった。

幸村は必死に反対するが通らず、最終的には茶々に懇願する形で

一度は秀頼が下した「和議」の決定を覆させる。

「全てはこの戦いに勝つため」困惑する秀頼にそう言い放ち、幸村は前を向く。

・しかし、家康にはとんでもない「秘密兵器」が残っていた。

全ては、この時のための時間稼ぎだったのかもしれない。

天守に向けられたイギリス製の大砲が火を吹いたその時、

秀吉が築いた天下の象徴・大坂城は、崩壊への秒読み段階に入る・・・。

この終盤で改めて言うことでもないのですが、

歴史好きには嬉しいコネタを仕込んであるのがいいですね。

前には、家康が「真田が大坂城に入った」と聞いた時に

「それは父(昌幸)か、子(幸村)か!?」と震えながら聞き返した話とか

今回で言うと家康が幸村を引き抜くために10万石の条件を提示した、とかですね。

自分が知っているエピソードが出ると、楽しいものです。

あと、今回のラスト付近で夜襲をかけるシーンがありましたが

言い出しっぺの武将・塙団右衛門が、自分の名前を書いた木の札を

ばらまく描写があり、これも歴史好きにはお馴染みの逸話です。

自分の手柄であることをアピールしようとしたらしいです。

ちなみに詳しく調べたところ、団右衛門の子孫は江戸時代に

島根に流れ着き、現在では地元の名家となっているそうです。

機会があったら、その伝承が残る街に行ってみたいと思いました。

残りはあと4回、来週は47話「反撃」です。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)