FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第47話視聴。

こんばんは。

週の初めなのに、頭痛いしお疲れモードな人です。

それでも、大河ドラマ「真田丸」のレビューはやりますよ。

第47話「反撃」を振り返ります。

・徳川の陣地から放たれた大砲の弾丸は、大坂城の天守に命中。

茶々の従者に死傷者が出たことで、城内の空気は一気に和睦へと傾く。

真田幸村(信繁)ら牢人の思惑をよそに、両家は条件のすり合わせに入るのだが・・・

・和睦交渉の席に家康の知恵袋・本多正信が出てくることを危惧した幸村は

女性の使者をたてるよう進言、茶々の妹・初に白羽の矢が立つ。

しかし、牢人に否定的な大蔵卿局も同席することになり、怪しい雲行きに。

さらに、徳川方の使者・阿茶局は、ある意味正信より手強い相手だった・・・

・和睦の条件は、豊臣方にかなり譲歩した内容となっていた。

何か裏があると察した幸村の不安は、現実のものとなる。

実は、文書には無かった「真田丸の取り壊し」や「堀の埋め立て」を

大蔵卿局が二つ返事で了承してしまっていたのだ。

憤慨する幸村たちに対し、悪びれる様子もなく「豊臣家のため」と言い張る大蔵卿局。

切り札を全て失った幸村は失意に沈むが、そこに秀頼と牢人たちが現れて・・・!

・江戸の信之兄ちゃんは、お通のもとに通っていたのが妻たちにバレて修羅場に。

おまけに、高額の料金まで請求されて目を白黒させるばかり。

前回は出浦様のおかげでネバネバまみれになるし、受難は続きそうな予感。

大坂城にいる弟より、自分の心配をした方がいい兄ちゃんでした。

それにしても、大蔵卿局がやらかしてくれますねぇ。

戦国時代は(いくら美化しても)奪い合い、騙しあいの世界。

家康がこんな都合のいい約束を出してくるということは、

いずれ反故にするつもりであろうと、幸村や昌幸でなくとも気づくはず。

ただ、家康の表の顔しか知らない大蔵卿局は、まんまとその術中にはまり

大坂城と豊臣家を、窮地に追い込んでしまったのです。

「家康の言うことを聞けば、豊臣は助かる」と本気で思っていたのでしょうか。

牢人の存在を毛嫌いする反面、権威にはとことん弱そうですもんね、この人。

しかもその自覚がない分、有楽斎よりタチが悪いかも。

でも、これまでのドラマなどでは「茶々が滅亡の原因」と描かれることが多くて

その汚名を彼女にかぶせる演出なのかも?という意見もあるようで。

彼女の心の闇は、最終回までに語られるのでしょうか。

そういう意味でも、残り3回も見逃せません。

最後に・・・あえなく「ナレ死」となってしまった片桐先生に、合掌。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)