FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】歴史好きの性。

こんばんは。

今日も、見にきてくれてありがとう。

2日前から自分の「歴史好き」観をつらつらと語ってますが

今日で一応の区切りをつけたいと思います。

結構好き勝手なことを書くかもしれませんが、そこはご愛嬌で。

私のように「学校の授業は苦手だったけど、歴史が好き」というのは

割とよくある話なのでしょうか。

これが数学だと「数学なんて、社会に出たら使わないでしょ?」てなもんで

社会人になってから学び直そう、とはなかなかならないですね。

その点、歴史は巻き返しがしやすい分野だと思うんです。

ドラマやゲームなど、入りやすい入り口が増えていますし

ネットの普及で話題が合う人も見つけやすくなっています。

それでいて、一生かけても極めきれないほど奥が深いときている。

趣味としてハマるのに、遅すぎるということはないと思います。

しかし、人の好みや考え方はいろいろあるわけでして

私の親戚のように「好きになれない」人もいるんですね。

実は私自身も、ブログやツイッターで自分より格段に物知りで

しかも情熱を込めて歴史を語っている人を見ると、正直へこみます。

「自分ごときが歴史好きを自称していていいのか?」みたいな。

ひょっとしたら、歴史が好きになれないと思っている人の中には

それに似た思いを抱えている人もいるのでは?と思ったのです。

歴史好きに限った話ではないのかもしれませんが、

人は自分が正しいと信じていることをしゃべりますよね。

それだけでは飽き足らず「お前の知識は間違っている!」と

他人の意見を否定してまで自信を保っている人もいそうな気がします。

もちろん、私が知る限りそうではない人が大部分ですが

自分の知識を「正しいか間違いか」だけで評価されるのは、

学校の試験と同じで、やる気に繋がりにくいと思います。

それでも、私だって一歩間違えると聞いてくれる人に対して

一方的に「自分の思う正解」をしゃべってしまっているかもしれない。

せっかく歴史に興味を持って聞いている相手に対して、

逆に「歴史って難しい・・・」と思わせているとしたら、申し訳ないです。

私がブログやツイッターで知識や情報を発信しているのは

『一人でも多くの方と戦国時代の魅力や奥深さを共有したい。』

そんな思いからなので、戦国時代や武将に少しでも興味がある人には

怖がらずにどんどん絡んできてほしい、と思っているのです。

専門的な知識や情報は、あとからいくらでも補うことができます。

まずは、自分の中に物語を作っていく楽しさを感じてみてほしい。

そのお手伝いができるなら、これからも喜んで(?)語らせていただきます。

そのためにも、まずはパソコンを買い換えないとな・・・(苦笑)

スマホ入力も慣れてきたけど、どうしても時間がかかるので。

ご清聴ありがとうございました。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)