FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【真田丸】第48話視聴。

こんばんは。

今日も、見にきてくれてありがとう。

大河ドラマ「真田丸」は、第48話「引鉄(ひきがね)」。

これが終わると、もうあと2話になってしまいました。

これだけしっかりと大河ドラマを見続けたのは、初めてですね。

最終回が終わったら、いわゆる「○○ロス」の状態になりそうな予感がします。

果たして、どんなラストシーンになるんでしょうか。

それも気になりますが、今回のあらすじをどうぞ。

・徳川と豊臣の和議は為り、家康は陣を払い京へ移る。

それを知った真田幸村(信繁)は、佐助に家康の暗殺を命じる。

首尾よく家康の宿所に忍びこんだ佐助の刃は、確かに家康を仕留めた、かに見えたが・・・。

・影武者を犠牲にしながらも、家康は京に入り、のち駿府に帰った。

大坂城に対しては、牢人たちをすぐに城から立ち去らせるよう圧力をかける。

幸村と大野治長は「牢人がいなければ豊臣家は滅ぼされる」という意見で一致し

時間稼ぎと同時に、城内の士気と結束の維持に注力することになる。

・幸村は家康と裏で通じていた織田有楽斎を大坂城から追い出し、

牢人たちの家族らを城に入れるなどして、束の間の平穏が訪れる。

しかし、やはりと言うべきか、大坂城は一枚岩になれなかった。

治長の弟・治房による不祥事に始まり、褒美の金で武器を買い集め

さらに堀を掘り直すに至った牢人たちを、幸村は止めることができない。

あまりにも早く家康に大坂城攻めの口実を与えることになり、焦る幸村。

しかし、天は幸村を見捨てたわけではなかったようだ。

城の庭の畑から掘り出された、利休の印が入った木箱の中に入っていたのは・・・!

あとは、コネタをちまちまと。

・「無事に帰れたら、夫婦になっ」「ごめんなさい」(ドロン)

佐助の真剣なプロポーズ、あっけなく撃沈。

フラグをへし折るきりちゃんの思い切りの良さ、思わず笑いました。

・家康の影武者は、「そうだろうなー」とは思いました。

戦国モノの小説やドラマで、影武者の話はよくありますからね。

主に、今回のように「暗殺されかけた時の身代わりになる」とか

「本人が死んだ後に、バレないよう本人に成りすます」設定が多いですが

ユニークなところでは、昔読んだマンガで

「家康が忍術の達人で、普段は服部半蔵に扮していた」なんてのもありました。

・城内に畑を作っていたのが、今回の最後のシーンに繋がっていたとは。

利休の印もそうですが、こういうのを「伏線」というんですかね。

何度も言うように、私は普段ドラマを見ないのですが

続けて見ていると、後で設定が生きてくるのは楽しいですね。

あと2回、どんな仕掛けが待っているか楽しみです。

そんなところで、今日はこれまで。

ありがとうございました。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)