FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】桶狭間、からの・・・

こんにちは。

新天地での3日目の勤務を終え、明日は休みをもらった私です。

仕事場では慣れない力仕事で当然のようにミスもありましたが、

一つひとつ勉強しながら、いろいろな意味で力をつけていきたいと思います。


さて、今日5月19日といえば、戦国時代ファンにとっては忘れられない日。

(といいつつ、私自身は他のブログを見て思い出したのです。 ファン失格かも・・・)

織田信長が今川義元を討ち取った「桶狭間の戦い」があった日(※)です。

※当時は旧暦になるのですが、細かいことは言いっこなしで。

信長が「尾張のうつけ」から「戦国の群雄の一人」とランクアップした戦いともいえます。

合戦については語り尽くされている感があるので、ここではあえて脱線。


この時期の現代の日本では、大相撲夏場所が絶賛開催中です。

ここ数年は人気力士が次々に登場し、メディアでも大きく取り上げられるようになりました。

さかのぼることおよそ450年、大の相撲フリークだったと言われているのが、信長です。


信長の生涯について家臣が記した史料「信長公紀(しんちょうこうき)」には、

1570年から10年余りの間に、信長主催の相撲大会が10回行われた、と記されています。

信長が自らの名前で力自慢の参加者を募り、城下に多くの観客を集め、

成績が優秀だった者や手に汗握る熱戦を見せた者には破格の褒美を与えたといいます。

信長の死後、江戸時代に入ってからルールがさらに整備され、現代の相撲が生まれるのですが

日本で古来より神事として行われていた相撲に、現在のようなスポーツとしての要素や

興業という要素を加えたのは信長ではなかったか、という意見もあるようです。


一方では、合理的な考えを好んだ信長らしい思惑もあったようで、

相撲大会で活躍した者を家臣として取り立て、戦場で手柄を立てることを期待したといわれます。

戦国時代の合戦というと刀や槍、鉄砲などの武器による攻撃が思い浮かびますが、

いざという時は敵兵との取っ組み合いで命のやり取りをする場面も多々あり、

腕っぷしの強さは自分の命を守り、敵を討ち取るために重要なものだったようなのです。

(とある戦国時代のゲームでも、家臣に相撲をとらせて能力を高める、というコマンドがあったほどで・・・)


そう考えると、相撲ファンも信長のことをもっと知っていてもいいのではないでしょうか。

現代の相撲人気があるのは、信長が相撲好きだったから、という要因も無視できないと思いますので。

さらにいえば、桶狭間で信長が敗れていたら、スポーツとしての相撲もなかったかも・・・なんてね。


さて、今年の夏場所は誰が優勝の栄冠を手にするのでしょうか。

もしかしたら信長も、空の上から土俵上の熱戦に一喜一憂しているかもしれません。

私も主にテレビからですが、地元出身力士を中心に応援していきたいと思います。

(鳥取県と島根県の両方から関取が出ているなんて、子どもの頃は考えられなかったな・・・)

では、今日はこれで。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)