FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【戦国時代】シリーズ「落日」 プロローグ・2 室町幕府の守護と管領

こんにちは。

先週から始まった戦国ネタの新シリーズ『落日 ~室町幕府・終焉への道~』

今日はその第2回目として、室町幕府を読み解くうえで必要になる用語の知識をご紹介します。

これを理解していないと、本編で説明する幕府権力の崩壊の過程が分かりづらくなりますので

ちょっと説明がくどくなるかもしれませんが、読んでおいていただきたいと思います。


室町幕府における最高権力者は、もちろん足利家が世襲した将軍(征夷大将軍)職になるわけですが

彼ひとりの力では、当時60数か国に分かれていた日本全土を治めることは到底できません。

そこで、幕府は「守護(しゅご)」という役職をそれぞれの国で有力な武士に与え(※)

幕府の基本政策や法律に従って、その国内にいる武士の統率や、治安の維持を担当させるよう定めました。

これは鎌倉幕府でも適用されていた政策で、当初は大きな混乱は起こらなかったようです。

(※)京都の周辺など重要な国では、足利家の親戚筋や、戦で大きな手柄をあげた武将が抜擢されるケースもあった。

   また、地域によっては「鎌倉府」や「関東管領」、「奥州探題」等も置かれたが、ここでは省略。


しかし、武士による政治的支配を強めたいと考えていた室町幕府は、守護制度の改革に着手します。

前述の通り、従来の守護の権限は警察的な色合いが強く、また武士の間でしか通用しないものでした。

特に、京都在住の貴族の私有地である「荘園(しょうえん)」に対して、武士が介入する術はなかったのです。

そこで、幕府は「半済令(はんぜいれい)」という新たな決まりを作ります。

これは、『荘園や幕府の直轄地で発生する年貢の半分を、守護が徴収することができる』というもので

貴族の収入や国内での影響力を削ぐのと同時に、守護が領国経営や軍備拡張にその収益を当てることができるようになり

結果的に、その国内における守護やそれに従う武士の影響力は、飛躍的に増大していくことになったのです。


自前の兵力と財力を得た守護の中には、幕府の指示より自らの判断を優先して領国経営を行うものもあらわれました。

こうした存在を「守護大名(しゅごだいみょう)」と呼びます。

戦国時代の主役である「戦国大名」とは定義づけが異なるのですが、その説明は今回は割愛します。

幕府はそうした守護大名に複数の国の守護を任せたり、京都に住まわせて中央政治に参加させるなど(※)

あくまで「守護は幕府の支配下」であるということを見せようとしますが、時には実力行使も行いました。

特に3代将軍・足利義満や6代将軍・足利義教(よしのり)は、何かしらの言いがかりをつけて

幕府に非協力的な守護大名の討伐を行い、その力を削ぐことも度々あったとされています。

(※)守護が不在の間の領国経営は、守護の家臣から「守護代」が任命され、その任にあたった。

   のちに、守護代の身分から戦国大名として名を馳せる家も数多く存在する。


中央政治に関連して、特に大きな権限を持ったのが「管領(かんれい)」です。

「管領」は将軍の補佐役、また政権のまとめ役という権限を持ち、『幕府のナンバー2』ともいえる役職です。

現代の日本に例えれば、「内閣官房長官」にあたるポストと考えて頂ければ良いかもしれません。

「管領」には足利家と特に縁の深かった細川家・斯波(しば)家・畠山家の3家から交代で任命される決まりになっていて、

この3家はそれぞれが複数の領地を治める、強力な守護大名家でもありました。

室町幕府の将軍はこの管領の助けのもと、守護大名との力関係を維持しながら政権を運営していったのです。


ところが、これも守護大名同様、将軍の権力に陰りが見えると同時にほころびが現れはじめます。

将軍に政治を動かす力が無いとされれば、政治の方針は当然のように管領の判断にゆだねられます。

管領が幕府の方針に従ってくれれば良いものの、もし自分の利害や損得で政治の方向性を決めていたとしたら・・・?

そして、戦国時代のはじまりとされる「応仁の乱」に至る経緯にも、そんな守護大名や管領の思惑が見え隠れするのです。


ということで、今日はここまで。 まとめると、こんな感じ。

室町幕府の基礎知識 守護と管領


次回は、「応仁の乱」の幕が上がるまでの、室町幕府の混乱ぶりを見ていこうと思います。

戦国武将の活躍した時代はまだまだ遠いですが、よろしくどうぞお付き合いのほどを。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)