FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】全力は、ここぞという時のために。

こんにちは。

昨日から7月に入ったわけですが、急に暑くなった気がします。

これまでは寝る前にしか使わなかった部屋のクーラーも、日中から使わないと

すぐに汗だくになってしまって、窓開けや扇風機では太刀打ちできなかったです。

で、明日からは天気が下り坂とのこと。 熱中症や食中毒には気を付けたいですね。


さて、昨日は連載企画の記事をアップした関係で書けなかった仕事の話があります。

今の仕事を始めて1か月半になりましたが、土曜日の仕事ではミスが続いてしまいました。

注意を受けてヘコむことはないものの、自分自身の慢心というか『慣れ』に対する戒めが必要と思いました。

今日は1日気分転換をして、明日から初心に戻ったつもりで仕事と向き合うつもりです。


これまでの私であれば、「全力で取り組んだのに、ミスをした自分が許せない」というように

仕事は常に自分の持てる力すべてをもってあたらないといけない、という思い込みが支配していました。

自分は他人と比べて能力が低いのだから、せめてやる気と努力で肩を並べていかないと、なんて。

いや、120%でやっと周りの人と同じくらいなのでは、と卑屈な考えが頭に浮かんだり。

頭の中で勝手に自分を他人と競争させて、そして自分が負けるように仕向けているんです。


そりゃ、疲れますよね。 全力で動き回ることが前提で、体も心も休まるヒマがないんですから。

そして、競争に勝ったところで何も得るものはない。

誰も褒めてなんてくれないし、自分は自分で「いい気になるな」と、次の競争相手を探すんですから。

「マジメに全力で取り組めば、周りが評価してくれる」なんて、学校の中だけの話だったのかもしれないな、と。

30代も半ばになって、やっとそんな境地に行き当たったという感じがします。


もちろん、マジメで全力なことは何かを成し遂げようとする人にとって大事です。 それそのものは否定しません。

ただ、それを使うべき方向性や場面は見極めていかないといけないのかなぁ、というのが今の実感です。

若いうちから才能を発揮できる人でも、いろいろやってみて自分の道を見つけた人でも

ここ一番という時に自分の力を最大限出せるような、自分のコントロール法を知っているような気がして。

そのためには、地道に自分の能力を底上げして、チャンスをつかむ準備をしておく。

今からでも遅くないとすれば、自分のこれからの目標になるのはこういう部分なのでしょう。

人と比べて落ち込む卑屈さを克服するのは容易ではないですが、まずは明日の仕事から実践あるのみ、です。


では、7月もどうぞよろしくお付き合いください。

願わくば、また明日。


にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)