FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】藍より青し。

こんにちは。

今週末は北海道から東北にかけて大雨となったようです。

特に秋田県では河川の氾らんや土砂災害による被害も出ているとのこと・・・

東北は梅雨明けもまだのようなので、今後の気象情報と二次災害にご注意いただきたいです。


さて、今日は私の仕事場での話なんですが。

今の時期は忙しいらしく、私が入ってからも新しい人が次々と入ってきています。

時には私がその人たちに仕事を教えるよう、上司から指示されることもあります。

内心では「自分の仕事もまだまだな自分が、人を教えていいのか?」という戸惑いもありますが

そこはチームとしての成果が求められるので、自分にできる限りのことはするつもりでいます。

(実は、今までの職場で後輩や部下といえる相手を持ったことがないんですよね・・・)


そんな状況の中、心に置いている言葉があります。

以前このブログでもスピーチの動画を紹介した、植松勉(うえまつ・つとむ)さんが自身のブログで述べていた持論です。


「教育者が自分以下の人間しか育てなかったら、社会全体が成長しなくなる」


本当は、学校で常勤講師として勤めていた時代に出会いたかった言葉だと思いました。

教える側は、相手が自分より知識や経験が劣っていることを見下してはいけない。

まして「自分より仕事ができるようになっては、自分が困る」と言って、才能の芽を摘んでしまう事などあってはならない。

自分のプライドや立場を守るために相手を自分以下に留めてしまったら、社会は衰退するしかなくなると警告しているのです。


そういえば、昔から「青は藍より出でて藍より青し」とか「出藍の誉れ」なんて言われるように

弟子が師匠の教えた事以上の力をつけるということは、望ましいこととされてきました。

そして、若い人には知識や経験がなくても、これから伸びていく可能性を秘めている点で、貴重な存在なのです。

これから人口が急激に減少していくであろう日本では特に。

私もそろそろいい歳なので、人生の後輩への接し方を成熟させていかないといけないと思いました。


たまに出る真面目な話は、これでおしまい。

大相撲名古屋場所も終わって、これからは高校野球が楽しみなまこな。でした。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)