FC2ブログ
そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
1000回を節目に、プチリニューアル。 日記とか雑談がメイン、たまに戦国時代・時事ネタ・人生観など。
【雑感】『安定した生活』を手に入れるには、何が必要なんだろうね。

こんにちは。

今日もいつものグダ話ですが、しばしお付き合いください。

しかし、今年の(今年も?)高校野球は面白いですね。

今日は準々決勝4試合ということで、ほぼ1日中テレビで観戦しています。

全国およそ4000校の中からベスト8まで勝ち上がってきただけあり、どのチームも本当にレベルが高いです。

誰もが狙うのはもちろん優勝だと思いますが、勝っても負けても悔いのないプレーをしてほしいものです。


で、本題。

今の仕事に就いて3か月。 ひとまずお給料ももらえて、生活もどうにか回せています。

とはいえ、それは自分一人が生きていく分というだけで、配偶者や子どもがいればまた違ってくるでしょう。

先日、ネットのニュースサイトで「年収1000万でも、都会で妻子を養うには足りないくらい」という記事を見ました。

住宅ローンまたは家賃の支出、自家用車があればその関連出費、子どもがいればその生活費や教育費など

仕事の能力を身につけ、一生懸命に働くことで収入が増えても、ひと昔前までの『人並み程度の生活』を送るには不足なのでしょうか。

世の中がこういう感じだと『働かなくても月収ウン十万!』みたいなうさんくさい広告が増えるのも、わかる気がします。

その仕事?サービス?で報酬を提供する会社は、普段どれだけ儲けがあるというのでしょう? そのお金は一体どこから湧いてくるの??


『お金があって安定した生活』とはよく言いますけど、それに必要な具体的な金額は人それぞれですかね。

私の現時点での収入は多くはないと思いますが、ひとまず生活は回っているので安定してはいる気がします。

逆に、もっと欲しいものがあるとか、もっとお金がないと生活が回らないという状態は、安定とはいえないのでしょう。

そうなると、もっと長い時間仕事をして、あるいは自分の意識や能力、市場価値を高めて”稼げる人材”になって

今よりも良い収入、良い生活を得ようと努力する。 あるいは、副業や起業という別の手を考える場合もあるでしょう。

でも、経済成長が頭打ちになり、人口もこれから減っていくであろう日本で、今までと同じ方法が通用するだろうか?という不安もあり。

私自身も30半ばとなり、今の職場で10年20年と雇ってもらえる訳でもなく、生活を維持するアテをいつ失ってもおかしくない。

こういう境遇にある人、あるいはこれから陥るかもしれないという人も、決して少なくはないと思うんです。


たぶん人生でもなんでも、上り調子の時は誰がやっても結構何とかなるんです。 

下り坂だと自覚した時に、そのままの生活を続けるか、リスクを覚悟で今までとは違うことをやってみるのか

『安定』を勝ち取るためにはどこかでその人なりの決断をしないといけないんだと思います。


私もまだまだ迷いまくりの惑いまくりですが、そういう時にはこの動画を見て考えるようにしています。(宣伝みたいでごめんなさい)



「お金が欲しい」というのは、生活のこともありますが「他人から認められたい」という思いもあるかもしれません。

あるいは「お金持ち⇒お金を稼げる自分は優れている⇒そうなりたい他人からさらに金を巻き上げる」と、意識高い系ビジネスを勧めてくる人にありがちな動機とか。(※個人の見解です)

お金は値打ちが変わるけど、お金を使って身につけた知識や能力は新しいものを生み出す力になる。 自分はどちらを手元に置いておきたいだろう?

いずれにせよ、お金や承認欲求だけに縛られる人生というのも寂しいので、じっくり考えて後悔の少ない選択をしたいと思いました。

それでは今日も、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)