そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【戦国時代】シリーズ「落日」第2章・1 明応の政変 応仁の乱の延長戦!? 

こんばんは。

毎週土曜日にお送りしている、連載企画「落日 ~室町幕府、終焉への道~」は今回から新展開。

第2章「流浪する将軍」と銘打ち、室町幕府の将軍権力が本格的に崩壊していく過程を見ていきます。

その第1回目にお話しするのは、室町幕府管領・細川政元(ほそかわまさもと)によるクーデター「明応(めいおう)の政変」です。

何があったのかというと、政元が自分の意に従う人物を将軍に就任させるために、現職の将軍を追い落とすという前代未聞の実力行使です。


実をいうと、少し前まで戦国時代の始まりは「応仁(・文明)の乱」であるとする見解が大勢を占めていたのですが

近年、この「明応の政変」こそ戦国時代の始まりと考えるにふさわしい、と唱える研究者も増えています。

確かに、「明応の政変」とその後の内部闘争によって、室町幕府がほぼ無力化されたことは間違いないと思います。

第2章ではこの様子を見ていきますので、戦国時代へと続く動乱の波を感じ取っていただければ幸いです。


さて、今回のサブタイトルでは「応仁の乱の延長戦」という表現を使っています。

「明応の政変」について調べてみると、実は応仁の乱で起こったことと深く繋がっている要因が見えてきました。

そのあたりに注目して、「明応の政変」で何があって、何が変わったのかを見ていこうと思います。


①きっかけは、現職将軍の急死と跡継ぎ争い

前々回の記事に詳しく書いていますが、明応の政変が起こったそもそもの発端は

室町幕府9代将軍・足利義尚(あしかがよしひさ)が若くして急死し、彼に跡取り息子がいなかったことでした。

そのため足利家一門の中から義尚の跡を継げそうな男子を探すこととなり、その結果10代将軍に決まったのが

応仁の乱で幕府に敵対する西軍に担がれた足利義視(よしみ)の息子、足利義材(よしき)でした。


しかし、応仁の乱で東軍のリーダーだった細川勝元を父にもつ政元には、この決定は不満でした。

政元は義材の将軍就任には反対で、対立候補として義政の弟・足利政知(まさとも)の子で出家させられていた清晃(せいこう)

還俗させて後を継がせてはどうか、と主張しましたが義政・日野富子夫妻の理解を得られず、退けられていました。

普通の人なら潔く引き下がるところでしょうが、政元はあきらめません。 やがて、運も政元に向きはじめます。


②足利家一門に不幸が続き、孤立していく義材

足利義材が正式に10代目の将軍に就任したのは、1490年7月のことでした。

この年の1月、義材の将軍就任に肯定的で、まだ若い義材を支える存在だった元将軍・足利義政が亡くなり、

政治の実権は、義材の父である義視が握ることになりました。 一度は幕府から逃げた人間が、権力の座に収まったのです。

政元としても、義視が好き勝手に振る舞っているのは面白くなく、義視や義材の命令を聞かないこともあったようです。


ところが、その義視も兄の後を追うかのように、1491年の1月に病死。 義材の母・日野良子も1490年10月に亡くなっていました。

この時点で、足利家の人間で幕府の政治に口を出せるのは、義材を除けば義政の妻だった日野富子だけになっていたのです。

政元は、どうにかして富子を説得し、義材を将軍の座から追い落とす計画の準備を進め、実行のタイミングを待ちました。

そして、ついにその時が訪れます。  それも、応仁の乱から未解決だった問題が絡んでいました。


③畠山氏同士の争いに介入した義材、将軍の座を追われる

1493年の年明け早々、義材は幕府軍を率いて河内へ出兵する意向を表明しました。

目的は、応仁の乱における西軍の主力であった畠山義就(よしなり)の勢力を討伐することでした。

もっとも、この2年ほど前に義就はこの世を去り、今はその息子・基家(もといえ)が跡を継いでいました。

義材に基家の討伐を進言したのは、かつて義就と畠山家の家督を長らく争い、今は幕府の重鎮となった畠山政長(まさなが)であったと言われています。

応仁の乱が終結して15年余りが経っていますが、政長にとっては義就の一族を滅ぼすまでが応仁の乱だったのかもしれません。


1493年2月、義材と政長は幕府軍を率い、京を出陣して河内に攻め入りました。

戦いは幕府軍の優位で進み、気を良くした義材は基家の本拠地めざして河内の深くまで進軍。

ここが好機とばかりに、ついに政元が準備していた計画が実行に移されます。


4月22日、政元は室町御所に細川家の軍勢を乗りこませ、御所の制圧を図りました。

事前に説得していた日野富子が政元に味方したこともあり、制圧は大きな混乱もなく成功。

同時に、義材の将軍位はく奪清晃、改名して足利義澄(あしかがよしずみ)の将軍位就任を宣言。

室町幕府の将軍が、一夜にして『ただの人』に転落するという驚天動地のクーデターでした。


遠征先でこの知らせを聞いた幕府軍では、「もはや義材に従う理由はない」と軍を離脱して京へ帰るものが続出。

軍の士気は崩壊し、京へ退却することもできず畠山政長は命を落とし、義材も身柄を拘束されて京へ強制送還されました。

その後義材は罪人として軟禁されますが、どうにか脱出に成功し再起をはかる戦いに身を投じることになります。


果たして、細川政元の野望の行く先は? そして、空中分解した幕府はどうなってしまうのか? それは次回の更新で。


今回も、お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村







コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)