そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【関心事】一つの夏が終わった。そして、物語はそれぞれの未来へと続く。

こんにちは。

今日は仕事が休みで、先ほどまで甲子園の決勝戦を見ていました。

その余韻に浸りながら、この記事を書いています。


今年の夏の甲子園大会は、埼玉県代表・花咲徳栄(はなさきとくはる)高校の初優勝で幕を閉じました。

メディアや高校野球ファンが注目していた早稲田実業高校の清宮選手が不在の中、手に汗握る好試合の連続となり

特に準優勝した広島県代表・広陵(こうりょう)高校中村選手は1大会6本塁打の個人新記録を樹立する大活躍でした。

そして、甲子園に出場したすべての学校の選手たち、さらにはこの大会に関わったすべての人に、それぞれのドラマがあったことと思います。

テレビやメディアが取り上げない小さなことでも、本人たちにとっては一生忘れられない思い出になるでしょう。

中にはむしろ忘れてしまいたいシーンもあるでしょうが、それはそれでこれからの人生を生きる糧(かて)になるかもしれません。


甲子園に出場した選手の中には、今後プロの球団から指名を受けてプロ野球選手になる人もいるでしょうし、

社会人やクラブチームなどで野球を続ける人、学生野球の指導者やスポーツトレーナーなど様々な形で野球に関わっていく人

その一方で野球とは全く縁のない、新しい世界で生きる道を選択する人も多いでしょう。

多くの人に注目されるのは大抵プロの選手になった人だけですが、それ以外の道にも山あり谷ありのドラマが待っています。

特にこの大会をもって引退となる3年生は、それぞれの進路を見据えて残りの学校生活を送ることになります。

どうか一人でも多くの球児が、自分が納得できる選択をし、高校野球で得たものを大事にして人生を歩んでほしいと願います。


以上、野球とはほとんど縁のない(中学校の講師時代に野球部の副顧問だった程度)オッサンの独り言でした。

では、願わくばまた明日。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)