そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【雑感】過去にこだわらないための、具体的な練習の方法。

こんばんは。

今日は【日常】以外のネタで攻めようと思っていたので、ちょっと語ります。


昨日、出先でふと読んでいた新聞の中に、気になる記事を見つけました。

読者からの人生相談に各方面の識者がアドバイスをする、という内容のものですが

その回の相談者は『親に自分の進路希望を認めてもらえず、人生を棒に振らされた』と嘆く若者だったと思います。

それに対する回答の中で、このような一文が私の目を引きました。


「『過去を引きずらない』とは、『過去は変えられない』と知ることです。」


私自身もメンタルが不調だった時には、よく周りから「あまり過去を引きずるな」とアドバイスされました。

しかし、私には「どうやったら『過去を引きずらずに済む』のか」その方法が分かりませんでした。

引きずらないで済むなら自分でもそうしたい。 でもその方法が分からないのに、どうしたらいいのか。

もしかして普通の人には自然にできることなのか。 それができない自分はダメな人間じゃないか・・・  と考え込んでしまったり。

『過去を引きずらない』ためには、まず『過去のことは変えられない』という事実を受け止めることが必要だと知りました。


その上で、回答者は具体的に『過去を引きずらない』方法の例も挙げてくれました。

例えば、図書館に行って小説でもノンフィクションでも、自分が読んだことがない本をひたすら読んでいく。

自分とは異なる境遇や考え方を持つ他人の人生を知ることで、自分の存在に奥行きを持たせる練習なのだそう。

同時に『まだ読んだことがない本』というのも重要で、人は新しい知識や経験を手に入れれば入れるほど

自分の中で『過去に起こったイヤなこと』が占める比率が相対的に下がり、自然とそれを振り返る時間も減るのだとか。

読書でなくても、『新しいことを始めるのに、その人の年齢や過去は関係ない』というのは、正しいのかもしれません。


顔も名前も知らない他人へのエールでしたが、少し勇気づけられた私は明日からちょっとした新しい出会いを求めて行動してみようと思います。

というわけで、今週もブログの方はそれなりにやっていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)