そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【日常】腹が減っては戦もできぬ? いや、別に戦う相手も理由もないんだけどさ。

こんにちは。

秋深し、隣は何をする人ぞ。

・・・それほど秋が深まっている感じでもないですが、ちょっと言いたくなりました。

それはどうでもいいとして、今日の私はとにかくお腹が減りました。

えぇ、「そっちの方がどうでもいいわ」というツッコミは、心の中にしまっておいて頂いて。

昔から『食欲の秋』というのもダテではないですね、ホント。


おそらく、昨日の夕食をハンバーガーセットだけで済ませたのが原因の一つかなと。

前にも書いていますが、今の私は仕事に差し支えが出ないように朝・昼の2食を軽く抑えて

その分夕食でカロリーと食欲を満たす、というあまり他人にはオススメできない食事法をとっています。

ハンバーガーやフライドポテトでもカロリーという点では十分なのかもしれませんけども、

やはり食べ応えというか持続力というか、そういう部分では白いご飯にはかなわないようです。

長年お米を食べている日本人は、1日に1度はお米を食べないと力が出ないようになっているんですかね。

今まさにお米を炊いている最中ですので、この記事をアップしたらしっかり食べておきたいと思います。


ことわざにも「腹が減っては戦ができぬ」とあるように、食欲を満たすことは何かを成す上で重要なのでしょう。

ただ、食料難が常だった歴史上の時代と、豊かになって『飽食』とも表現される現代日本では、多少ニュアンスが違うのかもしれません。

現代において「食べたいけど食べられない」という状況にある人を想像すると

食料を買うお金すら持ち合わせていないか、心身の不調により身体が食べ物を受け付けないか。

いずれも生命活動の維持に必要なエネルギーすら摂取できない、という危機的状況には変わりなく、外からの支援や治療が必要ですが

(幸運にも)そうではない状態にあるならば、空腹を感じたら適度に満たすこと。 あと、眠くなったら寝る。

人間の3大欲求のうち「食欲」と「睡眠欲」を手なずけることができれば、ある程度は人生が回せると思いますので。

(もちろん、食料や寝床を手に入れるためのお金は必要ですが・・・ それすらなければ『急いで仕事か支援者を探して』としか。)


私自身も、定期的にメンタル系のお医者さんにかかっていますが、睡眠と食事に異状がないかは必ず聞かれます。

それだけ、その2点を整えていくことが傾きかけた生活を立て直す第一歩、というなのだろうとつくづく思います。

世の中では「○○ダイエット」だの「糖質制限食」だのが定期的に流行りますけど、それこそ自分の人生の充足度が第一。

現代は無理やりに戦をしなくても生きていけるので、他人や情報に振り回されないように、各々の食事を楽しみましょう。


・・・というところで、ご飯が炊けましたのでこれで失礼しまーす。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)