そのブログ、雑食系につき ~新・気づかれないうちに~
日記、雑談、戦国、FX・・・まだまだ増えるかも? 気の向くままに言葉をつづります。
【関心事】『24時間戦えますか?』 睡眠時間を削ってでも手に入れたいモノって・・・?

こんばんは。

今日から10月、部屋にいると一気に日が短くなったように感じます。

『秋の陽はつるべ落とし』なんて言いますが、決して坊主頭の落語家さんが落ちてくる訳ではないですよ(←何の話やねん)


さて、昨日ふと見ていたテレビ番組で「睡眠負債」という言葉を知りました。

解説するところによると、日本人の平均睡眠時間はここ2~30年で短くなる傾向が続き

日本人のおよそ4割は、1日に6時間以下しか睡眠をとっていない、という調査データが出ていました。

また、慢性的な睡眠不足の状態が続くと、まるで徹夜明けのように頭と身体の機能が著しく低下し

長期的にはがんや認知症などの重大な病気が発症するリスクを高める恐れがある、と指摘されていました。


確かに、私自身も大学生や中学校の教員をしていた頃などは、

睡眠時間を削ってでもゲームがしたい、とか数学の授業の準備をしなきゃ、とかと考えることが常で、

生活における睡眠の優先順位は、必ずしも高くなかったように思います。

『まだまだ若いから、多少寝なくても平気!』という自分の身体に対する過信もあったでしょうか。


しかし、私もすでに四捨五入すれば40になる年齢に差し掛かり

おまけにメンタルに不調を抱えてからは、睡眠時間をないがしろにすることの恐ろしさを身をもって知りました。

どこかで聞いた話では、ヒトは寝ている間に脳や体内器官などのクリーンアップをして、コンディションを整えているのだそうです。

ちょうど、パソコンも小まめにプログラムの更新や不要なデータの消去をしないと、思わぬ不具合につながるのと似ています。

それこそ若い頃は『寝たらすぐに明日になるからもったいない、少しでも長く起きて時間を有効に使いたい』という思いで

知らず知らずのうちに『睡眠負債』を積み上げてしまい、そのツケが心身の不具合を起こしたのかもしれません。

それでもまだ私は大病になる前に気が付いたので、幸いだったと言えるのでしょうが・・・


タイトルのキャッチコピーは、確か私が小学生くらいの頃のもので、いまひとつピンと来ていませんでしたが

今のビジネスマンも、特にダブルワークやネットビジネスをしていたり、グローバル化で海外を相手に仕事をしている人だと

それこそ寝る間も惜しんで働いて『俺、毎日3時間しか寝てねーや!』みたいな寝てない自慢に走るケースも見られます。

働いた時間に比例して報酬もはずむならそれで満足かもしれませんけど、昨今の経済状態ではどうだろう・・・

むしろ『働けど働けど、我が暮らし楽にならざり』で、仕方なく睡眠より仕事をとるというケースが多いのかもしれません。

もしそうだとしたら、この状態を放置していることの方が『働き方改革』が解決すべき課題と言ってもおかしくないと思うのですが。

まぁこんなネットの片隅で主張しても仕方ないのですが(爆)、次の選挙ではそういう視点で投票先を考えても面白いのではないでしょうか。 ナンテネ。


それでは、今週もまたよろしくお付き合いのほどを。

にほんブログ村 その他日記ブログ まったりへ
にほんブログ村




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)